ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

岡山理科大学からのお知らせ~OKAYAMA UNIVERSITY OF SCIENCE

17/34

愛媛県今治市

■ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~
「カエルの感染症から生態系のバランスが崩れるまで」
日時:8月10日(月・祝) 10:00~16:00
(受付)9:30~10:00
場所:岡山理科大学今治キャンパス
対象:小学校5・6年生、中学校1・2年生
定員:20人(先着)
参加料:無料
内容:
1 お話「伝せん病について」
多くの虫や動物たちが伝せん病にかかると、身のまわりの自然はどうなるのか、写真や図で勉強しよう。
2 実験
病気になった虫(ダンゴムシ・ワラジムシ)の動きを観察したり、病気になった虫の体をけんび鏡で見てみよう。
3 お話合い
参加してくれたみんなで、見つけたこと、感じたことを発表しよう。また、伝せん病のクイズにもチャレンジしよう。

▽開催時期、内容など変更となる場合があります。準備の都合上(昼食やおやつを用意します)、参加には事前のお申し込みが必要です。申込方法は7月10日(金)ころ、ホームページにてご案内します。

■獣医学教育病院でリニアックによる放射線治療を開始
現在、獣医学では高度獣医療が求められています。岡山理科大学獣医学教育病院では、二次診療施設としての役割を担っており、今年度よりリニアックによる放射線治療を開始しました。一般開業の獣医科病院では、手術や抗ガン剤での治療を行うことができても、再発した癌(がん)や、脳内、顔面や鼻腔(びくう)内(鼻の中や副鼻腔)などに発生した癌などの手術が難しい領域の治療を行うことは困難です。リニアックはこれら手術が不適な領域でのガン治療に用いられます。特に、獣医療では、鼻腔内腫瘍、脳腫瘍、脳下垂体腫瘍(クッシング症候群)、顔面骨内腫瘍などに用いられます。

※岡山理科大学については、本紙に掲載の2次元コードを読み取ってご覧ください。

問合せ:岡山理科大学今治キャンパス(いこいの丘1-3)
【電話】0898‒52‒9000【FAX】0898‒52‒9022

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU