文字サイズ
自治体の皆さまへ

みんなのひろば(2)

18/39

愛媛県今治市

■香り豊かに秋のバラ、しまなみフェスタinよしうみバラ公園
秋咲きのバラが見ごろを迎えているよしうみバラ公園で、11月3日(水・祝)、しまなみフェスタが開催されました。
バラの甘い香りが漂う園内には、地元名物の島じゃこ天や今治焼豚玉子飯などのグルメをはじめ、ハンドメイドのアクセサリーなど雑貨を販売するブースが並び、朝から大勢の来場者でにぎわいました。
また、特設ステージでは、能島水軍太鼓、よさこい、フラダンス、ダンスパフォーマンスなども披露され、会場を大いに盛り上げていました。

■九和小学校生徒が記念植樹
パナマ市と今治市の姉妹都市交流およびパナマ建国200周年を記念して、10月8日(金)、九和小学校6年生とパナマ海事庁職員が植樹を行いました。
当日は鈍川森林館で森林体験活動も行われ、森づくりや森林の役割について学び、「エイエイエイ」と掛け声のもと、水源の森にイロハモミジが植えられました。

■永野美穂選手に今治市スポーツ賞
11月2日(火)、東京2020パラリンピックのアーチェリーに出場した今治市出身の永野美穂選手(大同生命保険)に今治市スポーツ賞が贈られました。
同賞は全国大会で優勝または世界大会に次ぐ国際大会などで入賞した市民や、ゆかりのある方を対象に6月に新設。永野選手(東京2020パラリンピック国内最終選考会1位)は「自分の挑戦がいろいろな方の元気や勇気になっていることは大変うれしく、自分の励みにもなっている。次のパリ大会に向けても頑張っていきたい」と笑顔で意気込みを語りました。永野さんの他、5人の方が文化・スポーツ賞を受賞しました。
※詳しくは、本紙またはPDF版23ページを参照してください。

■FC今治ホームで福島ユナイテッドFCに勝利
11月7日(日)、ありがとうサービス.夢スタジアムでJ3リーグ第26節・福島ユナイテッドFC戦が行われました。
この日のマッチデーシティは今治市。徳永市長も応援に駆けつけ、試合前のセレモニーでは両クラブに今治タオルを贈呈しました。
試合は、山田選手、髙瀨選手、小松選手のゴールで、3対2と福島ユナイテッドFCに競り勝ちました。

■御霊に感謝 戦没者等追悼式
11月8日(月)、市公会堂で今治市戦没者・戦災死没者ならびに消防・警察殉職者合同追悼式があり、遺族ら約30人が参列し、黙とうと献花で戦争犠牲者に哀悼の意をささげました。
今年はコロナ感染症対策のため、規模を縮小し、遺族会や消防・警察の代表者のみが参列。
今治市連合遺族会竹内会長は「最愛の人や家族を失った気持ちを思うと胸が締めつけられます。いずれは我々も桜の花びらのように散っていきます。しかし、散った花も土壌がしっかりしていれば、新しい芽が生き咲き誇ります。御霊に感謝し、これからも戦争を知らない世代へ伝えていきたい」と平和への思いを語りました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU