文字サイズ
自治体の皆さまへ

市役所からのお知らせ(4)

15/39

愛媛県今治市

■デジタル化に関する市民アンケートのお願い
ICT・デジタル技術を活用したまちづくりを推進する目的で、デジタル未来戦略(仮称)の策定に取り組んでいます。
市民の皆さんのニーズに沿ったデジタル化を進めるため、アンケートにご協力をお願いします。
回答方法:
・郵送で
ご自宅に郵送でアンケート用紙が届いた方は、そちらから回答ください。
・オンラインで
パソコン、スマートフォンなどを利用して、ホームページまたはQRコードから回答ください。
回答期限:12月20日(月)まで
対象:今治市在住で16歳以上の方

問合せ:未来づくり課
【電話】0898-36-1507【FAX】0898-32-5211(代)

■今治市医師会へ感謝状
11月5日(金)、新型コロナウイルスワクチンの接種に尽力した今治市医師会の皆さんに感謝状を贈呈しました。今治市医師会は新型コロナウイルスワクチン接種の体制づくりや集団接種会場での従事者の確保など、円滑なワクチン接種の推進に貢献されました。
担当した高山雄次医師会理事(高山内科病院院長)は「やりがいがあり、勉強になった1年でした。3回目の接種もあるので、これからも気持ちを引き締めて頑張りたい」と述べ、木本眞医師会長(放射線第一病院院長)は「市民へ医療を届けるために、必要なことは声を掛けてほしい」と話しました。

■災害時の緊急支援物資を円滑に
10月19日(火)、市役所で今治タオル工業組合と「災害時における緊急支援物資の支援および備蓄に関する協定」の締結式を行いました。
この協定には、災害発生時に組合は市の要請に応じて、避難生活に必要な物資であるタオルの支援を行い、市はタオルの備蓄場所を提供するといった内容が盛り込まれています。
正岡裕志理事長は「この協定によって、懸案であった備蓄場所の問題が解消され、すぐに被災地にタオルを届ける体制が整った」と話しました。

■今治マチナカ成人式
7月に好評だった新成人へのお祝いメッセージの展示を、令和3年・4年成人式の開催に合わせて行います。愛媛県繊維染色工業組合寄贈の帆布(はんぷ)に市民の皆さんが書き込んだお祝いメッセージ約750点が、商店街アーケードに並びます。
ふれあい太鼓「絆」による太鼓の演奏など、関連イベントの詳細はインスタグラムで発表します。
期間:12月21日(火)~令和4年1月16日(日)
場所:今治商店街アーケード内

問合せ:今治市マチナカ成人式実行委員会
【電話】0898-32-4147(花嫁衣裳いけだ)

■防犯街路灯を寄贈いただきました
10月27日(水)、四国電力株式会社今治営業所から市に防犯街路灯9灯が寄贈されました。同社は今年県内15市町に対し、124灯の防犯灯などを寄贈する予定です。
安藤所長は「これからも地域の皆さんにお役に立てるよう防犯灯以外にも清掃活動などを継続していきたい」と語っていました。
防犯街路灯は玉川町など市内9か所に12月頃設置予定です。

■ミストシャワーブースと超音波噴霧器が寄贈されました
10月26日(火)、地元企業有志から抗ウイルスミストシャワーブースが、四国溶材商事株式会社から次亜塩素酸水超音波噴霧器が寄贈され、市役所で感謝状贈呈式を行いました。
地元企業を代表し、株式会社セトデン小島代表取締役は「コロナ禍の中、何かできないか考えていました。ミストシャワーブースがさまざまな場所で活躍することを願っています」、四国溶材商事株式会社池田さんは「冬場におけるウイルス対策に役立てていただきたい」とあいさつし、市長から感謝状を受け取りました。

■地方創生SDGsの実現に向けた協定を締結
市と株式会社モバイルコム、株式会社NTTドコモはICTを活用した地方創生SDGsの実現を図るため、協定を締結しました。
株式会社モバイルコム所谷社長は「地域の課題を解決するため力になりたい。公民館などでスマートフォン教室を開催し、高齢者などのデジタル促進を目指します」、株式会社NTTドコモ吉澤四国支社長は「5Gの活用とキャッシュレスを推進し、サービスのさらなる向上のお手伝いをしていきたい」と話しました。
協定第一弾として食品ロス削減を促進するサービス「ecobuy」が全国で初めてさいさいきて屋に導入されています。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU