文字サイズ
自治体の皆さまへ

FROM ME TO YOU みんなでつないでリレーエッセイ

6/37

愛媛県内子町

「一人の百歩より、みんなの一歩」藤岡 美紀(みき)さん(29)(松尾)

「自然は私たちに癒しをくれる。それは自然からの無償の愛なんだ」と言っていた人がいました。しかし、そんな自然豊かな地球が今、危機を迎えています。環境問題と言うと「大きな問題で難しいし、私には――」と不都合な真実から目を背けている人が多いのではないでしょうか。私もそうでした。ある日、サーフィンをしに海に来ていたブラジル人が、落ちていたゴミをさっと拾い自分のかばんに入れたのです。その行動は「自然を愛しているから拾うのは当たり前でしょ」と言っているかのようで、すごく心を動かされました。大好きな自然に対して私は何もできていないと気付かされたのです。それから環境について関心を持つようになり、日常生活の中で地球を汚してしまっていることを知りました。自然由来の洗剤を使う、肉の消費を減らす、物を長く大切に使う、節電する――。そんな一人の行動はわずかなことかもしれませんが、みんながほんの少し環境や未来のことを思い、愛のある行動をすれば大きな一歩になります。
私は知ることにより、生活が変わりました。環境に優しい生活を心掛けると、健康にもよく、節約にもなり、幸せになるという、良い循環が生まれたのです。一人が100パーセントを目指すのではなく、みんなが自分のペースで楽しみながら取り組めたらすてきだなと思います。これからを生きる子どもたちが「この世界に生まれてきてよかった」と思えるように、大人として責任のある行動をしていきたいです。

次は、佐々木美智子さん(東沖)にお願いします。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU