文字サイズ
自治体の皆さまへ

衣服への燃え移り 着衣着火にご注意!

9/17

新潟県新潟市中央区

「着衣着火」とは、調理中のこんろの火や、仏壇のろうそくの火が衣服に燃え移るなど、何らかの原因で身に付けているものに火がつくことをいいます。冬場は特に起こりやすく、大きなやけどにもつながります。今年に入り、中央区でも「着衣着火」による火災が発生しています。以下のポイントに注意して、火災の発生を防ぎましょう。

■着衣着火を防ぐポイント
調理中、化学繊維製のマフラーやストールなどを身に付けない。
袖のゆったりした服を着ているときはアームカバーなどを活用し、こんろの火に接しないようにする。
火に対し背を向けて調理をしない。
こんろの奥に調理用具などを置かない。
鍋の底から火がはみ出ないよう火力を調整する。
仏壇で線香をあげたり、お供え物に手を伸ばすときは、衣服がろうそくに触れないよう十分注意する。

■中央消防署からのワンポイントアドバイス!!
市販のエプロンやアームカバーには、防炎加工がされているものがあります。着衣着火を防止するために、防炎の商品を使いましょう。

問い合わせ:中央消防署市民安全課 (【電話】025-288-3119)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU