文字サイズ
自治体の皆さまへ

健康と福祉のひろば

5/15

新潟県新潟市北区

「冬こそ身体を動かそう」

寒さや感染症対策で家に閉じこもる時間が長くなり、運動不足が心配されます。
太ももやお尻の筋肉などの身体の中でも大きい筋肉を動かすことで効率よく運動不足を解消できます。この冬、皆さんも足の筋肉を鍛えてみませんか。

(1)片足上げ
太ももの前側の筋肉を鍛えます。椅子に姿勢よく座り、伸ばした片脚をゆっくりと20cm~30cm持ち上げ、ゆっくり下ろします。
(左右交互に2回)

(2)もも上げ
背筋を伸ばし、ももを腰の高さまで上げて、その姿勢を保ちます。
(左右交互に5回)

(3)スクワット
立位からお尻を後ろに引くようにしながら膝を曲げていきます。その姿勢を1秒保ち、ゆっくりと元に戻ります。
(2回)
※つかまりながらでもOK。膝が前に出ないように注意

新潟市「体しゃっきり体操」より抜粋

◆体操のポイント
(1)呼吸を止めないように
(2)10秒かけてゆっくりと
(3)鍛えている筋肉を意識しながら効果アップ
(4)体調の悪い時や痛みのある時は無理をしない

≪注意≫
冬場は空気が乾燥しやすく、気づかない間に身体から水分が失われやすくなります。水分補給を忘れずに行いましょう。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU