文字サイズ
自治体の皆さまへ

知ってなるほど 新型コロナウイルス感染症のおはなし 第13回

17/21

新潟県新潟市西区

■新型コロナワクチンを知ろう
ワクチン接種で、個人の発症・重症化予防や、社会全体での感染症の流行を防ぐことが期待されています。新型コロナワクチン接種について正しく理解しましょう。

◇医療機関の負担を減らすための重要な手段
多くの人が接種を受けることで、重症者や死亡者を減らし、医療機関の負担を減らすことが期待されます。

◇どんなワクチンも副反応が起こる可能性あり
一般的にワクチン接種後には、ワクチンが免疫をつけるための反応を起こすため、接種部位の痛み、発熱、頭痛などの「副反応」が生じる可能性があります。治療を要したり、障がいが残るほどの副反応は、極めてまれではあるものの、ゼロではありません。また、ワクチン接種後30分以内に起きる急性アレルギー反応のアナフィラキシーが万が一起きても、医療従事者が必要な対応を行います。

◇ワクチンの承認後も継続的に安全性を確認します
アナフィラキシーや医師が予防接種との関連を疑う重篤な症状が発生した場合は、法に基づき報告を受け、専門家が評価します。こうした報告の中には、ワクチン接種後の持病悪化・死亡のように、ワクチンとの因果関係が直ちに評価できない事例も含まれますが、幅広く収集し、評価を行うこととしています。
加えて、1~2万人の先行接種者を含め、延べ約300万人について、ワクチン接種後の症状等の調査を予定しています。
ワクチンの安全性を継続して確認し、安全性に関する情報を提供していきます。

出典:首相官邸ホームページ「新型コロナワクチンについて」

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU