ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

みなとまち新潟 歴史探訪(36)

12/33

新潟県新潟市

◆新潟海岸と海岸砂防林~松林の始まり
江戸時代の新潟は、海岸の砂丘地特有の問題を抱えていました。季節風による飛砂(ひさ)の被害です。砂丘に近い寄居村は特に被害が大きく、宝永・正徳年間(1704~16)のころには村の大半が砂で埋まり、人が住めない状態でした。農作物も被害を受け、村は移転を余儀なくされました。風下の新潟町でも、寺院や民家に砂が吹き込むほどでした。
飛砂の対策として実施されたのが松などの植林です。樹木が根付くことで風が弱まり、砂が飛ぶのを防ぎました。新潟町では長岡藩領時代の宝暦年間(1751~64)ごろに植林が本格化し、天保14(1843)年に幕府領になった後も新潟奉行を中心に継続されました。初代奉行の川村修就(ながたか)は植林範囲を広げ、嘉永2(1849)年までに植えた苗木は約2万6千本に達しました。また、砂防事業を担う役職を奉行所内に新たに設け、対策を強化しました。
飛砂の克服は砂丘地新潟の悲願であり、植林は近代以降も続きました。現在も新潟海岸に広がる松林は、新潟の人々と砂との闘いの証でもあるのです。

問合せ:歴史文化課
【電話】025-385-4290

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU