文字サイズ
自治体の皆さまへ

中原八一市長が行く 八区魅力発見(14)~中央区編~

5/28

新潟県新潟市

近距離で地域の魅力を再発見する「マイクロツーリズム」が注目を集めています。今回は中央区を訪れました。

◆今回の見どころは?
―赤坂町にある浅草観音堂です。新潟シティガイドの渡辺博(ひろし)さんから「新潟奉行所の寺社係だった役人が明治維新の後に東京の浅草寺(せんそうじ)で僧侶になり、新潟港の発展と安全を祈願するため同寺の観音像を分身してお堂を建てた」とお聞きしました。住宅街の中にあり、長く地域に愛され大事にされている観音堂です。

◆ほかにもお薦めはありますか?
―国登録有形文化財の旧片桐家住宅(魚や片桐寅吉(とらきち)・港茶屋)を訪ねました。同店社長の藤田普(ふじたひろし)さんから「海鮮問屋の片桐寅吉が建てた自宅を改装して食事処(どころ)兼カフェにしました。食事をしながら湊町(みなとまち)にいがたの雰囲気を味わえる」とお聞きしました。日本庭園のほか、掛け軸や絵画、福澤諭吉直筆の書なども歴史を感じさせてくれます。

◆今回見つけた注目の場所は?
―フレッシュ本町内にある五徳屋(ごとくや)十兵衛です。1階はカフェや囲碁・将棋スペース、2階は花魁(おいらん)体験ができ、全国各地から観光客が訪れるそうです。歴史ある「しもまち」に新しい魅力を加え、新潟を面白くする取り組みに感心させられました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU