ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

お知らせ(健康)

12/26

新潟県柏崎市

◆働き盛りの健康とうつ
働き方の多様化が進む一方で、長時間労働などに伴う健康障害が問題となっています。
労働者の58パーセントは仕事に関することで、強いストレスがあると感じています。主なストレスは次の通りです。
いつもと調子が違うなと感じていたら、それはうつ病など「こころの病気」のサインかもしれません。早めに気づいて対処することで、病気や休職を未然に防ぐことができます。

(1)こころのサイン
・気分が落ち込んだまま元気にならない
・すぐに涙が出てくる
・何もする気がしない

(2)体のサイン
・眠れない日が続いている
・食欲がない
・体重が減ってきた
・いつも体がだるい
・頭痛や吐き気がする
・耳鳴りやめまいがする
・便秘や下痢が続く

(3)行動のサイン
・一人でいる時間が増えた
・外出しなくなった
・簡単なミスを繰り返すようになった
・気づくといつもネガティブな発言ばかりしている

該当する項目が多いほど、早めに医療機関などへ相談しましょう。

1位:仕事の質・量…59.4%
2位:仕事の失敗、責任の発生など…34.0%
3位:対人関係(セクハラ・パワハラ含む)…31.3%
4位:役割や地位の変化配置転換など…22.9%
5位:会社の将来性…22.2%

※出典:厚生労働省平成30(2018)年労働安全衛生調査

◆歯の用心

▽口腔がんについて
口腔とは大まかには、口を開けた時に見える部位を指します。がんは口腔にも発生します。口腔がんは歯肉(歯の周りのピンク色の部分)、頬粘膜(ほほの内側)、口蓋(口の中の上の部分)、舌、口底(舌の下の部分)、口唇の内側、唾液腺といった部位に発生しますが、最もできやすいところは舌の側面です。
口腔がんは口内炎のような症状で自覚されることが多いです。口内炎は1〜2週間くらいで治りますが、口腔がんは治ることはなく、少しずつ範囲が広がったり、硬くなったり、出血や痛みが出てきます。治らない口内炎は要注意とよく言われますが、もともと口内炎と口腔がんは別の病態と考えていただいた方がいいと思います。

口内炎と思って様子をみていたものが2週間以上治らなくて、痛みなどの自覚症状が強くなった。また、口の中にしこりを自覚し(特に舌の側面)、当たると痛くて出血するなどの違和感がある場合は、ためらわずにかかりつけの歯科医師に相談してください。近隣に歯科口腔外科のある病院があれば受診してみることもお勧めします。
口腔がんは進行性の病気であり、生命を脅かすものです。口腔がんは肺がん、大腸がん、胃がん、乳がん、子宮がんに比べると発生頻度は少ないですが、特に舌にできたがんは、ご自身の目で発見出来ることがあります。日常の歯みがきの時などに、歯周病やむし歯に加えて、口の中に変わったことがないか、常に確認する習慣をつけておくといいと思います。

泉直也(柏崎総合医療センター歯科口腔外科)

▽医科歯科連携市民講演会
「人生100年時代は歯医者さんへの定期通院から―
お口のケアで糖尿病と認知症を予防できるってホント?お口がきれいになれば糖尿病と認知症は退散!」

主催:
・柏崎市歯科医師会
・柏崎市
・柏崎市教育委員会
後援:柏崎市刈羽郡医師会
内容:糖尿病専門医から、歯周病と糖尿病について学びます。
講演会前(午後1時30分〜)に「よい歯の幼稚園・保育園・学校表彰式」も行います。
講師:西田亙さん(糖尿病専門医・にしだわたる糖尿病内科院長)
日時:令和2(2020)年1月18日(土)の午後2時15分〜4時30分
場所:産業文化会館
定員:400人(先着)

問合せ:健康推進課
【電話】20-4213
【FAX】22-1077

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU