文字サイズ
自治体の皆さまへ

お早めに!令和2年分の確定申告(2)

8/35

東京都千代田区 ホームページ利用規約等

■パソコン・スマホから確定申告ができます 国税庁ホームページ
【HP】http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/index.htm

◇国税庁ホームページの「確定申告特集ページ」
初めて確定申告される方に向けた申告・納税の手続きの方法や、税制上の変更点など、確定申告に関するさまざまな情報が掲載されています。確定申告書などの様式・手引きがダウンロード出力できるほか、動画による確定申告の解説や確定申告期に多く寄せられるQandAなども見ることができます。

◇「確定申告書等作成コーナー」
国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」から所得税等の申告書が作成できます。画面の案内に従って金額等を入力すると税額などが自動計算され、作成した申告書等をe-Tax(★)送信することで、税務署に行かずに自宅から申告できます。なお、給与所得者で、医療費控除や、ふるさと納税などの寄附金控除の適用を受ける方や、年金収入、副業等の雑所得がある方などは、スマホ専用画面で、申告書を作成・e-Tax送信ができます。
★申告などの国税に関する各種の手続について、インターネットを利用して電子的に手続きが行えるシステム

e-Taxの利用方法:
(1)マイナンバーカードを使って送信
(2)税務署で発行するIDとパスワードで送信
※ID、パスワード発行は、申告されるご本人が運転免許証などの本人確認書類をお持ちのうえ、お近くの税務署へお越しください

◇分からないことがあったときはこちらもご確認ください
国税庁ホームページ:【HP】https://www.nta.go.jp
e-Taxについて:e-Tax・作成コーナーヘルプデスク【電話】0570-01-5901
マイナンバーカードについて:マイナンバー総合フリーダイヤル【フリーダイヤル】0120-95-0178

■東京税理士会神田支部無料相談室
とき:毎月第3水曜13時30分~16時30分(1回の相談時間は30分以内)
会場:東京税理士会神田支部事務局会議室(神田錦町2-5第2亀谷ビル4階)
対象:神田税務署管内の個人または本店を置く法人

問合せ:東京税理士会神田支部事務局
【電話】3291-1345

■にせ税理士にご注意を
確定申告の時期を控え、にせ税理士・にせ税理士法人に特にご注意ください。税理士は、必ず税理士証票を携帯し、税理士バッジを着用しています。
税理士資格の無い者が税務相談や税務書類の作成、税務代理をすることは、法律で禁じられています。また、専門的知識が欠けているなど、依頼者(納税者)が損害を被るおそれがあります。確定申告の方法など詳しくは、問合せ先のホームページをご覧ください。

問合せ:東京税理士会
【電話】3356-4461【HP】http://www.tokyozeirishikai.or.jp

■各種控除の申告も忘れずに
所得控除には、主に社会保険料控除や医療費控除などがあります。証明書や確認書、明細書など必要書類をそろえて申告してください(高齢者の社会保険料以外の控除は6面を参照)。
◇社会保険料控除
令和2年1月~12月に支払った次の(1)~(4)の保険料が対象です。年金から引かれている場合のほか、家族の保険料を支払った場合も対象です。
(1)国民健康保険料
(2)後期高齢者医療保険料
(3)介護保険料
(4)国民年金保険料

問合せ:
(1)保険年金課国民健康保険係【電話】5211-4204
(2)保険年金課後期高齢者医療係【電話】5211-4206
(3)高齢介護課高齢介護係【電話】5211-4224
(4)千代田年金事務所【電話】3265-4381

◇国民年金保険料は控除証明書の添付を
日本年金機構は、令和2年1月1日から令和2年9月30日までに納付された国民年金保険料額を証明する「社会保険料控除証明書」を、10月31日に送付しました。確定申告の際は、この証明書を添付してください。詳細は、控除証明書の裏面をご参照ください。

問合せ:
ねんきん加入者ダイヤル【電話】0570-003-004※IP電話の場合は【電話】03-6630-2525(「03」を省くとつながりません)
千代田年金事務所【電話】3265-4381

問合せ:
麹町税務署【電話】3221-6011
神田税務署【電話】4574-5596

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU