文字サイズ
自治体の皆さまへ

〔令和3年度 予算特集〕コロナに打ち克ち、千代田の新時代を築く

1/37

東京都千代田区 ホームページ利用規約等

●区の仕事を予算でご説明します
「予算」は、一定期間における収入と支出の計画です。同時に、区民の皆様の税金などにより、どのような施策が実施されるのかを示したものとなります。
今号では、予算を通じて令和3年度に、どのようなことに取り組んでいくのかをお伝えします。

◆令和3年度予算全会計合計 764億7,286万円
◇区民1人当たりの予算額 95.1万円
令和3年度一般会計予算額(同時補正予算を含む)を、施策分野ごとに令和3年1月1日現在の住民基本台帳人口67,216人で除して算出した額(1,000円未満は四捨五入)

・学校教育や次世代育成に 34万7,000円
・高齢者・障害者などの福祉、保健に 18万8,000円
・区の事務管理に 11万7,000円
・環境対策や清掃事業、安全・安心な生活環境に 7万5,000円
・道路や公園の整備に 7万1,000円
・地域振興や観光、中小企業や消費者の支援に 7万円
・生涯学習や文化、スポーツ、図書館に 3万5,000円
・都市の整備や住宅に 3万4,000円
・区議会に 8,000円
・将来への貯金などに 5,000円
・借金などの返済に 1,000円
※同時補正予算(令和3年度一般会計補正予算第1号 11億7,293万円)を含みます

◆令和3年度予算の3つの柱
○6万7,000人の区民の命を守るコロナ対策
○子ども・高齢者・障害者に寄り添ったまちづくり
○環境にやさしく、心豊かで安心して暮らせるまちづくり

令和3年度予算は、当初予算と同時補正予算(一般会計補正予算第1号)を合わせて、一般会計が639億5,169万円で、特別会計を加えた全会計の合計が764億7,286万円となります。
長引く新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、区の歳入は厳しくなることが見込まれています。こうした中でも、新型コロナウイルス感染症対策に力点を置きながら、必要な区民サービスの質と量を担保した行政サービスを維持していくため、事業の選択と集中を図りました。
「6万7,000人の区民の命を守るコロナ対策」、「子ども・高齢者・障害者に寄り添ったまちづくり」、「環境にやさしく、心豊かで安心して暮らせるまちづくり」の3つの柱をもとに編成した令和3年度予算の執行により、区民の命と健康を守るための適時適切な対策を図りながら、豊かな地域社会の実現に向けて着実な施策の推進に努めていきます。

問合せ:財政課
【電話】5211-4143

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU