文字サイズ
自治体の皆さまへ

夏間近 熱中症にご注意

9/50

東京都千代田区 ホームページ利用規約等

ここ数年、全国的に猛暑が続き、熱中症で多くの方が緊急搬送されています。蒸し暑い梅雨の時期から多発し、特に梅雨明け直後など、体が暑さに慣れていないときは注意が必要です。

◆熱中症とは
体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、発熱、めまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を起こすこと

◆熱中症をおこしやすいのは
・高齢者や小さい子ども
・暑さに慣れていない人
・普段運動をしていない人
・体調の悪い人や病気にかかっている人

◆高齢者や子どもは特に注意を
高齢者や子どもは、暑さやのどの渇きを感じにくく、熱中症になりやすいのが特徴です。周囲の方は、水分をこまめにとっているかなど、十分な目配りをしましょう。また、短時間でも車内に子どもだけを置いて離れることは絶対にやめてください。

◆マスク着用による熱中症のリスク
マスクをつけると皮膚からの熱が逃げにくく、気づかないうちに脱水になることもあります。屋外で人と十分な距離が保てるときや会話をほとんど行わない場面では、適宜マスクをはずして、熱中症を予防しましょう。

◆こんなときは注意が必要
・気温や湿度が高い
・風が弱い
・日差しが強い
・急に暑くなった
・アスファルトの照り返しや熱を発生するものの近くにいる

◆熱中症の予防法
・服装の工夫…通気性のよい服を着て、外出時には帽子や日傘を使う
・暑さを避ける…炎天下や暑い場所での長時間の作業や運動は避ける
・部屋を快適に…エアコンや扇風機を活用し、高温多湿を避ける
・こまめな水分補給…のどが渇いていなくても、水分や塩分をこまめに補給

◆主な症状と対処法

◆区の職員や看護師が高齢者のお宅を訪問
熱中症のリスクが高い高齢者のお宅を訪問し、保健師や看護師、出張所の職員などが、熱中症の予防法や対処法をアドバイスします。状況に応じて、電話や訪問により見守りを継続します。
※訪問の際は、身分証明書を携帯します
対象:介護保険サービスを利用していない85歳以上の高齢者のみの世帯など(ひとり暮らしを含む)
※対象外でも不安のある方は、お問い合わせください

問合せ:地域保健課健康企画係
【電話】03-5211-8163

◆熱中症の危険をメールでお知らせ
熱中症の危険性が極めて高くなると予想されたときに、安全・安心メールでお知らせします。希望者は、区のHPから登録してください。

問合せ:災害対策・危機管理課
【電話】03-5211-4187

■熱中症0へ!熱中症予防声かけプロジェクト
◆暑い夏 5つの声かけで熱中症予防
自分でできる熱中症予防と、プロジェクトの5つの声かけを実践することで、自分と身近な人を熱中症から守りましょう。
◇温度に気を配ろう
今いるところやこれから行くところの温度を、温度計や天気予報で確認しましょう。

◇飲み物を持ち歩こう
飲み物を持ち歩いてこまめに水分補給をしましょう。たくさん汗をかいたら塩分の補給も必要です。

◇休息を取ろう
寝不足も熱中症の原因になることがあります。空気の通りをよくしたり、通気性のよい寝具を使うなどでよく眠れる工夫をしましょう。めまいや立ちくらみのときはすぐ休みましょう。

◇栄養を取ろう
体の健康は食事から。バランスよく食べること、朝ご飯をしっかり食べることも大切です。

◇声をかけ合おう
家族やご近所同士で「水分取ってる?」「少し休んだら?」など、声をかけ合いましょう。

●ひと涼みスポットオープン
「ひと涼みスポット」は、暑さによる体力の消耗や熱中症を予防するための休憩に利用できる冷房のきいた場所です。6月下旬ごろから区内30か所に順次オープンします。詳しくは区のHPをご覧ください。

問合せ:地域保健課健康企画係
【電話】03‒5211‒8163

■オンライン熱中症予防声かけ出陣式2022
熱中症予防の意識を高めてもらうため、「熱中症予防声かけ出陣式2022」をオンラインで行います。YouTubeから事前登録なしで、誰でも視聴できます。詳しくは、問い合わせ先のHPをご覧ください。
日時:7月1日(金)15時~15時40分
※YouTube配信

問合せ:熱中症予防声かけプロジェクト事務局
【電話】03‒6450‒5502

問合せ:健康推進課保健相談係
【電話】03-5211-8175

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU