文字サイズ
自治体の皆さまへ

高齢者の肺炎球菌予防接種費用を助成します

13/50

東京都千代田区 ホームページ利用規約等

接種日現在千代田区に住民登録がある各対象者は、区の助成で予防接種を受けることができます。
■定期予防接種の対象者
令和4年度に次のいずれかに当てはまる、過去に高齢者肺炎球菌予防接種を受けていない方
・4月2日以降に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる
・4月2日以降に60歳~65歳未満で、心臓、腎臓、呼吸器、免疫機能に障害があり、1級相当の身体障害者手帳を持っている

■任意予防接種(区独自)の対象者
定期予防接種の対象者以外で、次のいずれかに当てはまる65歳以上(昭和32年4月1日以前生まれ)の方
・過去に高齢者肺炎球菌予防接種を受けていない
・過去に高齢者肺炎球菌予防接種を受け、接種から5年以上経過した

接種期間:令和5年3月31日(金)まで
助成回数:定期、任意含め生涯2回まで
※2回目の接種はかかりつけの医師に相談し、1回目から5年以上の接種間隔が必要
※任意予防接種は区が指定する医療機関以外で接種した場合、助成不可
自己負担金:
定期予防接種…無料、
任意予防接種(区独自)…4,000円
(接種費用の約2分の1は区が負担/生活保護受給者と中国残留邦人等支援給付受給者は、接種費用を免除)
接種方法:定期予防接種は23区内の指定医療機関の窓口に、任意予防接種は区内の指定医療機関の窓口に予診票を提示
※区内の指定医療機関は区のHPを参照
予診票の送付:定期予防接種の対象者と過去に高齢者肺炎球菌予防接種を受けていない任意予防接種(区独自)の対象者へ6月下旬に送付。4月2日以降に65歳になる定期予防接種対象者には3月末に送付済み

問合せ:健康推進課保健予防係
【電話】03-5211-8172

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU