文字サイズ
自治体の皆さまへ

すべての人が尊重される社会の実現を目指して~12月4日から10日は人権週間です~

4/29

東京都台東区

世界人権宣言は、基本的人権尊重の原則を定めたものであり、初めて人権保障の目標や基準を国際的にうたった画期的なものです。
1948年12月10日、国際連合総会で「世界人権宣言」が採択されたことを記念し、12月10日は「人権デー」と定められており、日本では、毎年12月4日~10日を「人権週間」としています。
私たちの周りにはさまざまな人権問題があります。人権週間をきっかけに、考えてみませんか。

■人権のつどい(予約制)
日時:12月21日(水)午後2時30分(午後2時開場)
場所:生涯学習センターミレニアムホール
定員:150人(先着順)
内容:
(1)区内小・中学生による人権メッセージ、人権作文の表彰・発表
(2)講演「多文化共生社会とは~ちがいを楽しんで、力に変えよう~」
講師:にしゃんた氏(社会学者、タレント)
申込方法:本紙二次元コードより申込むか電話または直接上記問合せ先へ
※託児あり(1歳以上の未就学児)、希望者は子供の氏名(ふりがな)・年齢を12月9日(金)までに上記問合せ先へ
※手話通訳・パソコン文字通訳・磁気ループあり

■人権パネル展
区内小・中学生の作品等を展示します。
期間:12月3日(土)~11日(日)
場所:生涯学習センター1階アトリウム

■人権擁護委員を紹介します
人権擁護委員は、法務大臣から委嘱を受け、人権相談・人権啓発などの活動を行っています。
人権擁護委員(敬称略)4年10月1日現在
※委員名に関しては本紙にてご確認ください。

■夜間人権ホットライン
弁護士による夜間電話相談をお受けします。
日時:12月8日(木)午後5時~8時
ホットライン:【電話】6722-0127

問合せ:東京都人権プラザ相談室
【電話】6722-0124

■人権講座「インターネットと人権」をYouTube台東区公式チャンネルで配信中
インターネットの特性と誹謗中傷・プライバシー侵害等の現状や、トラブルを防ぐためにどうすればよいかお話しします。
◇第1部「インターネットの特性と誹謗中傷 プライバシー侵害の現状」
◇第2部「インターネット・SNSのトラブルを防ぐために」
講師:大久保輝夫氏

■えせ同和行為にご注意を!
「えせ同和行為」とは、人々の同和問題に対する理解不足に乗じて、何らかの利益を得るために、同和問題を口実にして企業や行政機関に不当な圧力をかけることです。高額図書の売り込みや寄附金・賛助金の強要などがあります。このような不当な要求に対して、はっきり断ることが大切です。
えせ同和行為を受けたとき、または受ける恐れのあるときは下記へご相談ください。

問合せ:東京法務局人権擁護部
【電話】0570-011-000

■東京法務局「みんなの人権110番」
相談日時:月~金曜日(祝日・年末年始を除く)午前8時30分~午後5時15分
人権ダイヤル:【電話】0570-003-110
インターネット相談:https://www.jinken.go.jp/

問合せ:東京法務局人権擁護部
【電話】0570-011-000

・外国人の人権を尊重しよう
・障害を理由とする偏見や差別をなくそう
・部落差別(同和問題)を解消しよう
・子供の人権を守ろう
・感染症に関連する偏見や差別をなくそう
・性的指向・性自認を理由とする偏見や差別をなくそう
・インターネットによる人権侵害をなくそう

問合せ:人権・多様性推進課(区役所9階(6)番)
【電話】5246-1116

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU