文字サイズ
自治体の皆さまへ

福祉(高齢・障害等)

10/32

東京都台東区

■家族介護慰労金を給付します
介護サービスを使わずに重度の要介護状態の方を在宅で介護している同居のご家族に、慰労金を給付します。
対象:過去1年間、次の全てに該当している家族
(1)介護される方が、要介護4または5の認定を受けている
(2)介護される方が、在宅で生活している(通算90日以上入院していないこと)
(3)介護サービスの利用日数の合計が通算10日以内である(福祉用具貸与・購入、住宅改修を除く)
(4)介護する方・される方の世帯全員が、住民税非課税
(5)申請日の時点で、介護する方(40歳以上の場合)・される方ともに介護保険料の滞納等がない
給付額:10万円
申込み・問合せ:介護保険課
【電話】5246-1249

■介護サービスの利用料の一部が軽減されます(社会福祉法人等による利用者負担額軽減)
軽減制度に協力する事業所のサービスを利用した場合、介護サービス費の利用者負担および食費・居住費(滞在費)の4分の1を軽減します。
対象:次の全てに該当し、区が生計困難と認めた方
(1)世帯全員の住民税が非課税
(2)世帯の前年の収入(仕送りや手当、非課税年金等を含む)が、単身世帯で150万円以下(世帯員が1人増えるごとに50万円加算)
(3)世帯の預貯金等の額が、単身世帯で350万円以下(世帯員が1人増えるごとに100万円加算)
(4)自宅以外に活用できる資産(土地や家屋等)がない
(5)負担能力のある親族等に扶養されていない
(6)介護保険料を滞納していない
対象サービス:訪問介護・通所介護・短期入所生活介護、特別養護老人ホームにおける施設サービス等
※申請方法等詳しくは、下記へお問合せください。

問合せ:介護保険課
【電話】5246-1249

■中等度難聴児の補聴器等購入費用を助成します
身体障害者手帳の交付対象とならない中等度難聴児が補聴器および補聴システムを購入する場合、費用の一部を助成します。
※助成を受けるには購入前の申請が必要です。
対象:区内在住の18歳未満で次の全てに該当する方
(1)両耳の聴力レベルがおおむね30デシベル以上で、身体障害者手帳(聴覚障害)の交付対象の聴力に該当しない
(2)補聴器の装着により、言語の習得等一定の効果が期待できると医師に判断された
※所得制限などにより対象とならない場合があります。
助成額:1台あたり上限137,000円
※世帯の収入状況により自己負担(1割)があります。
申込方法:申請書・所定様式の医師意見書(下記問合せ先で配布)、補聴器の見積書を持参
※詳しくは、下記へお問合せください。

問合せ:障害福祉課(区役所2階(10)番)
【電話】5246-1201
【FAX】5246-1179

■民間緊急通報システムをご利用ください
◆民間緊急通報システム(高齢者)
ボタンひとつで民間の警備会社へ通報できる、ペンダントと機器を貸与します。急病時等には救急車両の要請等を行います。
対象:65歳以上の高齢者のみの世帯の方で、慢性疾患等で常時注意の必要な方
月額利用料(税込):住民税が課税世帯の方は660円、住民税が非課税世帯の方は330円
※利用者の身体介助は行えません。
申込み・問合せ:高齢福祉課(区役所2階(6)番)【電話】5246-1222

◆民間緊急通報システム(障害者)
ボタンひとつで民間の警備会社へ通報できる、ペンダントと機器を貸与します。緊急時には救急車両の要請等を行います。また、希望者には火災センサーも貸与します。
対象:次の全てに該当する方
(1)区内在住の18歳以上で、身体障害者手帳1・2級または重度の難病患者の方
(2)ひとり暮らしや障害者のみの世帯で緊急時の対応が困難な方
※65歳以上で、上記高齢者用の同制度該当者は除く
月額利用料(税込):月330円
※住民税非課税世帯・生活保護世帯は免除
申込み・問合せ:障害福祉課(区役所2階(10)番)
【電話】5246-1201

以降、上記記事の共通項目
※救急搬送等のため、委託業者に鍵を預けていただきます。

■金婚・ダイヤモンド婚おめでとうございます
※掲載者氏名に関しては本紙にてご確認ください。
結婚50周年(ダイヤモンド婚は60周年)を迎えるご夫婦で、11月までに申請した方を掲載しています(申請順・敬称略)。掲載を希望する方は、下記へご連絡ください。
申込み・問合せ:高齢福祉課(区役所2階(6)番)【電話】5246-1221

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU