文字サイズ
自治体の皆さまへ

成年後見制度を知っていますか?

2/26

東京都品川区

成年後見制度とは、認知症や知的障害、精神障害により、判断能力に不安のある方が安心して自分らしく暮らせるよう、家庭裁判所から選任された後見人が代わりに契約などを行い、生活や財産を守る法的な制度です。

■身近にこんな方はいませんか?
・お金の管理が自分ひとりでできなくなってきた
・いままでやっていた書類の手続きが複雑に感じるようになってきた
・将来に不安のある家族がいる

◇成年後見制度を利用すると、後見人がこのようなサポートをしてくれます
・通帳の管理や支払いのお手伝い
・医療や福祉サービスの契約
・定期的な訪問や見守り

■成年後見制度の利用の流れ
1.申し込みの準備(申立て書類の作成)
2.家庭裁判所に申し込み(申立て)
3.後見人の決定後、支援開始
4.対象者が亡くなられた場合などに支援終了

■成年後見制度に関するQ and A
Q.誰が後見人になるの?
A.親族や専門職(弁護士など)、専門的な講座を受けた市民後見人がなります。本人の気持ちや身体の状態、生活状況に合った支援を行う人を家庭裁判所が決定します。

Q.後見活動はいつまで続くの?
A.後見活動は原則ご本人がお亡くなりになるまで続きます。なお、判断する能力が回復した場合には支援を終了します。

Q.制度を利用するには費用はかかるの?
A.申し込みの際に1万円程度、活動開始後に後見人への報酬が月額1~2万円程度かかります。また、後見人の活動を確認する監督人がつく場合は、監督人への報酬も発生します。

問い合わせ:
品川成年後見センター【電話】5718-7174【FAX】6429-7600
福祉計画課地域包括ケア推進係【電話】5742-6914【FAX】5742-6797

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU