ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

高校生対象品川区奨学金に在学応援資金を創設しました

17/23

東京都品川区

高校等在学中にかかる費用や高校生が課外活動や目標を実現するために必要な費用を、在学する本人(子ども)に貸し付ける資金です。これまでの在学資金と比べ、貸し付けの対象となる資金の使途が広がりました。

●貸し付けの対象となる費用
・高校等在学中にかかる費用のうち修学に必須の費用(授業料、教材費、修学旅行費など)・高校等在学に必須ではないが、課外活動や目標を実現するために必要な費用(選択授業にかかる費用、夏期講習費、部活動費など)
※就学支援金などの奨学金を充てても支払いがなお困難なもの。

●対象者
区内に住民登録があり、次の全てにあてはまる方
○高校(中等教育学校の後期課程を含む)、高等専門学校か専修学校(高等課程に限る)に在学している
○経済的理由により修学することや修学に付随する課外活動を行うことが困難である(所得制限あり)
○明確な目標と意欲を備えている
○高校等における課程を修学する学力を有している

●貸し付け金額
在学期間中、上限60万円(1年あたり30万円を上限に、必要額の範囲を貸し付けます)

●連帯保証人
1人必要(原則保護者)

●返還期限
高校等卒業後1年間の据え置き後、15年以内

●申請に必要な書類
校長からの推薦書、作文、かかる費用の内容が確認できるもの、住民票、印鑑登録証明書など
※詳しくは申請書をご覧ください。

●申込方法
6月29日(金)までに、子ども家庭支援課で配布する申請書と必要書類を同課家庭支援係(本庁舎7階)へ持参

◆返還免除をめざそう
在学応援資金は、貸し付け申請時に資金を活用して何を実現したいのか具体的な目標を立てていただきます。返還免除とは、高校等卒業時に在学中の成果を校長からの推薦書を添えて申請すると、審査により貸し付け額の全部または一部の返還が免除される制度です。将来の目標の実現に向けて返還免除をめざしましょう。

在学応援資金チャレンジしたいこと
→奨学金の相談→目標を作文に→奨学金の申請→面接→奨学金運営委員会に諮問→貸付決定→目標実現のための活動や地域貢献活動への参加

→卒業時に返還免除申請
→面接→奨学金運営委員会に諮問→返還免除

問い合わせ:子ども家庭支援課(本庁舎7階【電話】5742-6385【FAX】5742-6387)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU