文字サイズ
自治体の皆さまへ

お知らせ(3)

4/7

東京都墨田区

■接種の機会を逃した方へ HPVワクチンのキャッチアップ接種
平成25年6月から控えていた子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の予防接種予診票の個別送付を、令和4年度から再開しました。
これに伴い、個別送付を控えていた時期に接種の機会を逃した方へ、キャッチアップ接種を実施します。全3回の接種のうち、区の接種記録で未接種となっている回数分の接種予診票を対象者へ送付します。ただし、自己負担で任意接種を受けた方や区への転入以前に接種を受けた方は、その分の接種を受けることができません。なお、キャッチアップ接種対象者のうち、自己負担で任意接種を受けた方へは、別途、償還払いでの救済制度を準備中です。詳細が決まり次第、区ホームページ等でお知らせします。
キャッチアップ接種の対象者:平成9年4月2日から18年4月1日生まれまでの女性
実施期間:令和7年3月31日まで
予診票等の発送時期:6月下旬(予定)

問い合わせ:
保健予防課感染症係【電話】03-5608-6191
向島保健センター【電話】03-3611-6135
本所保健センター【電話】03-3622-9137

■対象の方に各証をお送りします 後期高齢者医療被保険者証等の更新
後期高齢者医療制度では、10月から窓口2割負担が導入されます。それに伴い、自己負担割合を令和4年度の住民税課税所得に基づき判定し、下表のとおり今年は2回、保険証を簡易書留でお送りします。窓口2割負担導入についての詳細は、1回目に発送される保険証に同封のリーフレットまたは区ホームページをご覧ください。なお、新しい保険証の有効期限は4年9月30日です。

問い合わせ:
後期高齢者窓口負担割合コールセンター【電話】0120-002-719
*受け付けは午前9時から午後6時まで(日曜・祝日を除く)
東京都後期高齢者医療広域連合お問合せセンター【電話】0570-086-519
*受け付けは午前9時から午後5時まで(土曜・祝日を除く)

◆限度額適用・標準負担額減額認定証(減額認定証)と限度額適用認定証(限度額認定証)の更新等
各認定証を保険証と併せて医療機関等の窓口に提示することで、各認定証に応じた保険適用の医療費の自己負担限度額が適用されます。
また、減額認定証をお持ちの方は入院時の食費も減額されます。各認定証がすでに交付されていて、8月以降も引き続き交付対象となる方には、新しい認定証(有効期限は5年7月31日、色は白色)を7月19日(予定)に発送します。
なお、認定証の発送は1回のみです。
交付対象者:
・減額認定証…保険証の割合が1割かつ世帯全員が住民税非課税の方で、交付を申請した方
・限度額認定証…保険証の割合が3割かつ同一世帯の被保険者の住民税課税所得がいずれも690万円未満で、交付を申請した方

◆確定申告期限延長による影響
新型コロナウイルス感染症の影響により、確定申告の延長申請を行った方がいる世帯は、今回お送りする保険証の自己負担割合や減額認定証・限度額認定証の適用区分が暫定的なものとなる場合があります。詳細はお問い合わせください。

問い合わせ:国保年金課長寿医療(後期高齢者医療)資格・給付担当
【電話】03-5608-6192

■区の世帯と人口(6月1日現在)

*住民基本台帳による
*( )内は前月比

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU