文字サイズ
自治体の皆さまへ

すみだSDGs(エスディージーズ)ステーション

7/7

東京都墨田区

SDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」は、人類がこの地球で暮らし続けていくために2030年までに達成しなければならない世界共通の17の目標です。

◆目標達成に向けて知っておきたい理念や特徴をご紹介します
“日本のポジション”SDGs達成度ランキング

ドイツの「ベルテルスマン財団」と「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」が、世界各国のSDGsの達成度として193の国連加盟国の順位を発表しています。令和4年の持続可能な開発レポートによると、1位はフィンランド、2位はデンマーク、3位はスウェーデンとなっており、北欧諸国がベスト3を占め、日本は世界19位(アジアでは1位)となっています。日本はこのレポートで、ゴール4「質の高い教育をみんなに」、ゴール9「産業と技術革新の基盤をつくろう」、ゴール16「平和と公正をすべての人に」を達成しています。一方で、大きな課題が残ると評価されたゴールが6つあります。それは、ゴール5「ジェンダー平等を実現しよう」、ゴール12「つくる責任つかう責任」、ゴール13「気候変動に具体的な対策を」、ゴール14「海の豊かさを守ろう」、ゴール15「陸の豊かさも守ろう」、ゴール17「パートナーシップで目標を達成しよう」です。特にジェンダー平等は「Global Gender Gap Report 2021」によると、日本の順位は156か国中120位と下位となっています。日本は、「政治分野」、「経済分野」でのジェンダーギャップを解消しなければ、ゴール5を達成することはできません。
区では、男女共同参画のさらなる推進と多様な性を尊重するため、「墨田区女性と男性の共同参画基本条例」(平成18年4月施行)の改正準備を進めています。また、令和6年度から10年度までの行動計画である「第6次墨田区男女共同参画推進プラン」の策定準備をはじめ、ポストコロナを見据えた新しい日常にふさわしい、区における「男女共同参画社会の実現」に向けて“ACTION!”(行動)しています。

問い合わせ:SDGs未来都市政策調整担当
【電話】03-5608-6231

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU