文字サイズ
自治体の皆さまへ

来春、新しくなるパルテノン多摩

3/39

東京都多摩市

【3月27日(日)に、新しいミュージアムがオープン!!】
◆多摩のまちを知り、新たな視点でまちの魅力を発見しよう
新しくなるミュージアムは、市民学芸員と多摩市文化振興財団が一緒に構想を練ってきました。皆さんがまちの見方を知ることができる「メガネ(視点)」を手に入れて、まちの新たな魅力を再発見できるような、地域を知り、考えるきっかけとなる展示を行います。市民参加型のミュージアムとして、一緒にパルテノン多摩ミュージアムをつくり上げましょう!

◇パルテノン多摩ミュージアムは「地域まるごと博物館」の入口です
「地域まるごと博物館」は、多摩市や多摩ニュータウンの歴史・文化・自然の他、多摩市立ふるさと資料館(4月開館)、東京都埋蔵文化財センター、市内企業のミュージアム(※)などを含め、「多摩市をまるごと、『知る』ことを楽しめる『博物館』」と見立てたものです。パルテノン多摩はその「入口」を担う施設として、ミュージアムの展示を見て現地を訪れたくなるような、地域の「博物館」と連携した、これまでにない展示を企画していきます。

※長谷工マンションミュージアムやKDDIミュージアムなどの企業ミュージアム、ベネッセスタードーム、多摩美術大学美術館などのこと

▽定期的に展示内容が変わります
市民学芸員の協力を得ながら、さまざまな切り口で企画展示を行います。さらに、皆さんが知っている多摩市の情報を共有してもらう仕掛けも用意しました。多摩市について新たな発見が出来るかも!?どんな仕掛けかはミュージアムに来て、ぜひ体験してください。

▽収蔵資料をいつでも調べられます
パルテノン多摩に収蔵されている多くの資料をパソコンやスマートフォンから閲覧できます。皆さんから集めたまちの魅力も資料として追加していきます。展示しきれなかった資料の検索もできるため、より詳しい情報を知ることができます。

▽まちに出てもパルテノン多摩の展示内容が見られるアプリを開発中!
ミュージアムで知った多摩のまちを、アプリを使って実際に見て回りましょう。ミュージアムの展示の説明をいつでもどこでも見ることができます。

[パルテノン多摩オープンに向けたスケジュール]
・2月1日(火)
オープンスタジオ・クラフトラボの予約開始、事務所・受付窓口が移転
※3月のプレオープンまでは、パルテノン多摩2階特設窓口で受け付け
・3月27日(日)プレオープン
内覧会を実施(詳細はたま広報1月20日号に掲載)。パルテノン多摩駐車場の利用開始
・4月1日(金)
会議室・リハーサル室・練習室・市民ギャラリー・コミュニティラウンジの貸し出し開始
・4月15日(金)
クリエイティブラボ・キッチンラボの貸し出し開始
・7月1日(金)グランドオープン
全貸施設の貸し出し開始、鑑賞公演などの事業開始

問い合わせ:パルテノン多摩共同事業体
【電話】375-1414【FAX】376-9191【URL】https://www.parthenon.or.jp

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU