文字サイズ
自治体の皆さまへ

環境のために私たちが今できること

5/35

東京都多摩市

◆TAMAサスティナブル・アワードにご応募ください
地域・企業・学校などで実践している、持続可能なライフスタイルや環境にやさしい取り組みを募集します。
対象:市内を主な活動の場としている市民団体・事業者・学校・地域のグループ・個人など
応募テーマ:次の(1)〜(4)に関する取り組みのうちいずれか。
多摩市気候非常事態宣言に掲げる
(1)地球温暖化対策
(2)プラスチックの削減
(3)生物多様性の保全
(4)一人ひとり自分事と考え行動を起こすための「ライフスタイルの変化」の取り組み
備考:多摩市みどりと環境審議会幹事会で選考し受賞者を決定。表彰式は、12月上旬に開催予定の多摩市消費生活フォーラムandエコ・フェスタで実施予定。応募方法・条件などの詳細は、公式ホームページ参照
申込期間:8月8日(月)~9月15日(木)
申し込み・主催:多摩市消費生活フォーラムandエコ・フェスタ2022実行委員会(事務局環境政策課)

◆夏休みの最後に「乞田川の恵み」に参加して、川の生きものを調査・観察しませんか?
日時:8月28日(日)午前9時30分~正午(雨天中止)
集合場所:であい橋(乞田・貝取ふれあい広場公園前)
対象:市内在住・在勤・在学者(小学3年生以下は要保護者同伴)
定員:60人(応募者多数の場合は抽選)
内容:川遊びの一種「ガサガサ」を体験しながら川の生き物を調査・観察
持ち物:飲み物・帽子・タオル・着替え・軍手・水に入れる運動靴など(長靴・サンダルは不可)
主催:多摩市水辺の楽校運営協議会
協力:多摩市民環境会議
備考:川で採った魚や生き物は持ち帰り不可。詳細は、公式ホームページ参照。本事業は(公財)河川財団河川基金助成事業
申し込み:8月5日(金)~12日(金)必着の、郵送・ファクシミリまたは公式ホームページのインターネット手続きで、参加者全員の住所・氏名(ふりがな)・年齢(学年)・電話番号・メールアドレスを記入し、〒206-8666環境政策課へ(ファクシミリの場合、送信後に要電話連絡。応募者全員に当選結果をメールで連絡。メールが受け取れない場合は申し込み時に要記載)

◆住宅用創エネルギー・省エネルギー機器等導入補助金の補助額を増額しました!
市内の自ら居住する住宅に新たに設置する方に費用の一部を補助します。
対象:次のすべてを満たす方
(1)令和4年4月1日~令和5年1月31日(申請時)に設置が完了している
(2)申請日時点で市内に住民登録がある方
(3)新たに購入した未使用の補助対象機器などを自らが居住する住宅に設置し使用を開始した
(4)平成28年度~令和3年度に市から同種の補助金の交付を受けていない(蓄電システム申請を除く)
(5)市民税・固定資産税を滞納していない
(6)断熱窓の設置工事について、必要な場合は管理組合の承認を得ている
(7)アンケートに回答できる
補助率など:下記参照
交付決定方法:応募者多数の場合は公開抽選〔抽選日は令和5年2月22日(水)を予定〕
備考:詳細は、事前に要問い合わせ
申し込み:令和5年1月5日(木)~31日(火)に、環境政策課へ

対象機器 補助率など
・太陽光発電システム(余剰売電)
補助率…「―」
市内事業者利用補助上限額…3万円/kW、上限5kW(15万円)
市外事業者利用補助上限額…2万円/kW、上限5kW(10万円)

・蓄電システム
・断熱窓(1)内窓として設置(2)既存の窓枠ごと(サッシ・ガラス)の交換(3)既存の窓のガラスのみの交換(カバー工法・建具交換含む)
補助率…4分の1
市内事業者利用補助上限額…6万円
市外事業者利用補助上限額…4万円

問い合わせ:環境政策課
【電話】338-6831【FAX】338-6857

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU