ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

【コラム】新宿の未来のために!

2/28

東京都新宿区

特別定額給付金の支給をお待たせしてしまい、区民の皆さまにお詫びを申し上げます。平日の残業、休日返上で作業にあたり、5月末までにオンライン申請分の支給開始、全世帯への申請書の発送をいたしました。DV被害等特別な配慮を要する方々や多言語への対応もしつつ、今後は、区民全体にスムーズに支給できるよう、努めてまいります。申請が集中しておりますが、全速力で作業を進めてまいりますので、今しばらくお時間をいただきますようお願いいたします。

新型コロナウイルスに対応した“新しい生活様式”では、可能な限り人と人との接触を減らす必要があるため、買い物・娯楽・仕事等さまざまな場面でオンラインの活用が推奨されています。今回、オンラインを活用した新たな取り組みを2つご紹介します。1つは文化芸術復興支援事業です。区内に数多くある個性豊かな劇場やライブハウスは、新宿の音楽・芸術カルチャーをけん引してきました。コロナの影響で営業自粛が長引く中、収入の大幅な減少や、演奏・演劇の機会が失われるなど困難な状況が続いています。区は、こうした施設や劇団等を支援するため、区内文化芸術施設でアーティストが演じるパフォーマンスの撮影に助成し、インターネットで配信します。アーティストの魅力ある映像を発信していきたいと考えています。

もう1つは区立学校におけるオンライン学習です。コロナの影響で臨時休校を行ってきた小・中学校は、1日から分散登校等を取り入れながら再開しています。区では中学3年生全員と小学校3年から中学2年までの希望する児童・生徒にタブレット端末を貸与し、デジタル教材で自宅でも学べる取り組みを開始しました。ICT活用が当たり前の時代に生きる子どもたちの成長につながるよう、区も教員の指導力向上や情報モラルの充実に取り組んでいきます。

最後に、ごみの収集をする清掃事務所の職員向けにたくさんの応援メッセージをいただきました。温かいお言葉に感謝しております。
*清掃事務所に寄せられた応援メッセージの一部を新宿東清掃センター玄関前に掲示しています。

区長 吉住 健一(よしずみけんいち)
新宿区ホームページ「区長の部屋」で写真日誌も公開しています

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU