ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

平成31年度予算で取り組む重点施策 332億8,667万円 (1)

2/7

東京都港区 ホームページ利用規約等

平成31年度の重点施策の中から、新規事業・臨時事業・レベルアップ事業を中心に主な取り組みをご紹介します。

■重点施策1「誰もが安全・安心に過ごせる快適でにぎわいあるまちを実現するための取組」161億7,138万円

▼災害対策の強化 49億6,421万円
避難所に暑さ対策や充電対策等に必要な備蓄物資を新たに整備するとともに、特に支援が必要な在宅人工呼吸器使用者に対し自家発電装置を給付する等、災害時の停電等に備え区民の安全・安心を確保します。 他

▼公共施設等のバリアフリー化など快適なまちづくりへの取組 78億6,562万円
駅周辺のバリアフリー化を図るとともに、東西地域の連続性を強化するため、京急本線の連続立体交差化計画を推進し、品川駅の地平化に取り組みます。

▼まちのルール・マナーが守られる快適なまちづくりの推進 8億2,976万円
区民等の体感治安を高めるため、客引き防止巡回指導体制を強化するとともに、落書き対策防犯カメラを無償貸与する等、落書き対策を強化します。
港区の多彩な夜の観光資源を活用し、多様な主体と連携・協力しながら、夜の観光振興と安全・安心を両立させた取り組みを進めます。 他

▽誰もが安全・安心に過ごせる快適でにぎわいあるまち
・夜の観光施策の推進…期間限定のナイトタイムイベント開催
・受動喫煙防止対策…相談窓口設置、巡回指導強化(みなとタバコルール)
・客引き防止…巡回指導体制強化
・落書き対策…消去事業者派遣、落書き対策防犯、カメラ無償貸与

▼多彩な魅力の活用・発信や地域の活性化に向けた取組 9億2,370万円
シティプロモーション推進のため、シンボルマークを取り入れた原動機付自転車等のオリジナルナンバープレートの作製・交付や、港区観光大使による観光情報等の発信をするとともに、港区観光ボランティアによるガイドツアーの実施回数を拡大します。

▽「訪れたくなるまち、憧れの港区」の実現
・(レベルアップ)港区観光大使による観光情報等の発信
…港区に縁(ゆかり)のある港区観光大使がSNSを活用して観光情報等を発信
・(レベルアップ)港区観光ボランティアによるガイドツアー回数の拡大
…港区観光協会、港区観光ボランティアの会と港区が協働で実施しているガイドツアーの回数を拡大
・シティプロモーションシンボルマークの活用(《新規》オリジナルナンバープレートの作製・交付(原動機付自転車等))
…シンボルマークを旗印に区民等と一体になった協働型プロモーションを展開、シティプロモーションシンボルマークを取り入れた原動機付自転車等のナンバープレートを作製・交付
・商店街、全国各地域等との連携
…区内商店街と全国の交流自治体が出展する「全国交流物産展in新橋」の開催、区内商店街・大使館等と連携したイベント「港区ワールドフェスティバル」の開催
・多様な主体との連携・協働によるプロモーション
…港区の魅力を国内外に発信する団体等の取組を「MINATOシティプロモ-ションクルー認定事業」として支援
・外国人観光客の受入環境を整備
…外国人観光客を受け入れる人々、訪れる人々双方の視点に対応した心配りを冊子に掲載し配布

▼「港区安全の日」への取組 123万円
平成18年6月3日に発生したシティハイツ竹芝エレベーター事故を受け、平成30年度に毎年6月3日を港区安全の日と定めたことを契機に、広く安全について区民の意識を高めるため、区民向けセミナー、パネル展等の事業を新たに実施します。

▼その他の取組 15億8,686万円
(仮称)産業振興センター等整備 他

■重点施策2「全ての子どもたちを健やかに育むまちを実現するための取組」126億2,421万円

▼待機児童ゼロの実現に向けた取組 40億3,293万円
平成29年4月から待機児童解消緊急対策として保育定員1,000人の拡大に取り組み、平成31年4月までに定員を1,168人拡大し、総定員を8,447人とします。平成31年度は元麻布保育園の新設や青山保育園の改築、都有地を活用した私立認可保育園の誘致等、保育定員の更なる拡大に取り組みます。
保育所入所AIマッチングシステムを平成31年10月に導入し、保育園の入園選考の効率化を図るとともに、申込者へ選考結果をより早く通知する等、円滑な入園を支援します。

▼障害のある子どもへの支援の充実 13億6,758万円
平成32年1月に元麻布保育園を開設し、区内で初めて医療的ケアが必要な子どもや重度障害の子どもの保育を、専門医の助言や意見を踏まえ開始します。
区立幼稚園、小・中学校において、医療的ケアが必要な子どもが健やかに学校生活を送ることができるよう、医療的ケアを行う看護師や、学校生活を支援する介助員、学習をサポートする講師の配置等学校における医療的ケアの実施体制を強化し、受入環境を整備します。

(次ページに続く)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU