ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症を乗り越えていくために(2)

17/30

東京都港区 ホームページ利用規約等

■12月31日投函(かん)分まで、郵送申請する際の郵送料を区が負担します
□概要
窓口の3密を避けることを目的として、郵送可能な手続きに要する郵送料を区が負担しています。区民・事業者の皆さんが、区宛てに送る各種手続きの郵送料は、料金受取人払を利用していただくと区の負担となります。料金受取人払の様式を封筒に貼ることで、切手を貼らずとも書類を郵送できますので、ぜひご利用ください。

□主な対象手続き
・各種証明書(住民票、戸籍に関する証明、特別区民税課税・納税証明書)の請求
・各種補助金交付申請・実績報告
・国民健康保険料、介護保険料等の減額・減免申請
・融資あっせんに関するもの
※以上4項目以外にも対象となる場合がありますので、各種手続きの担当窓口にお問い合わせください。

□料金受取人払の様式
港区ホームページに料金受取人払用の様式を掲載しています。港区立図書館や、いきいきプラザの窓口でも配布しています。

□実施期間
12月31日(木)投函分まで

□その他
料金受取人払の様式等は、「広報みなと」9月1日号1・2面をご覧いただくか、港区ホームページをご覧ください。

問い合わせ:企画課区役所改革担当
【電話】3578-2622

■新型コロナウイルスによる後期高齢者医療保険料減免について
新型コロナウイルス感染症の影響により、被保険者の属する世帯の主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負った人や、主たる生計維持者の収入が一定額以上減少した人は、保険料が減免される場合があります。
詳しくは、港区ホームページをご覧いただくか、電話でお問い合わせの上、申請してください。
減免対象となる保険料:令和2年2月1日~令和3年3月31日に納期限のあるもの。
申請期限:令和3年1月4日(月・必着)
※令和3年1月以降に保険料の通知が届いた人の申請期限は、令和3年3月19日(金・必着)

問い合わせ:国保年金課高齢者医療係
【電話】3578-2654〜9

■感染症対策オンライン研修動画第3弾 オフィス向けの研修動画をご覧ください
区は、新型コロナウイルス感染症対策の疑問を分かりやすく解説する動画を制作し、港区ホームページで公開しています。このたび第3弾を制作しました。動画では、港区感染症専門アドバイザーがナビゲーターとして、実際のオフィスに訪問して、手指消毒の方法やマスクを着用するポイント等感染症対策を分かりやすく解説しています。ご家庭でも役立つ情報ですので、ぜひご覧ください。
内容:
・事務室・会議室・給湯室・ロッカー室等の感染対策
・出社時、昼休み・休憩時の感染対策
・エレベーターでの感染対策
・職場から新型コロナウイルスの陽性者が出た場合の対応等

問い合わせ:保健予防課保健予防係
【電話】6400-0081【FAX】3455-4460

■新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ごみ・資源・資源プラスチックの出し方にご注意ください
新型コロナウイルス等の感染拡大防止のため、家庭からごみ・資源・資源プラスチックを出す際は、次の点に注意をしてください。

▼感染リスクを下げるための注意点
▽家族等身近な人に対して
・ごみに直接触れない。
・ごみ袋はしっかり縛って封をする。
・ごみを捨てた後は手を洗う。

▽周辺地域の人に対して
・ごみ(使用後のマスクやティッシュ等)を路上や公園等へポイ捨てすることは、絶対にやめてください。

▽ごみや資源を収集・選別・処分をしている作業員等に対して
・新型コロナウイルス感染症に感染している人または感染が疑われる人が飲み終えたペットボトル(キャップ含む)や資源プラスチックは、可燃ごみで出してください。
・使用した後のマスク・ティッシュ・飲み終えたペットボトル等、感染拡大の原因となる恐れがあるごみは、ビニール袋に入れて密閉してからごみ袋に入れてください。
・ごみ袋を集積所に出す際は、しっかりとごみ袋の口を縛ってください。
・集積所のごみがカラス等に荒らされないように対策をしてください。
区民の皆さんにご協力いただくことによって、ご自宅の周辺地域にお住まいの人や、ごみの収集・選別・処分作業をしている作業員等への感染リスクを下げることにつながります。感染拡大防止にご協力をお願いします。

問い合わせ:みなとリサイクル清掃事務所清掃事業係
【電話】3450-8025

■季節性インフルエンザ流行期における外来受診等の相談先を紹介します
新型コロナウイルス感染症の流行が続いている中、インフルエンザが流行する季節になりました。インフルエンザや新型コロナウイルス感染症を疑う症状がある人の相談先は次のとおりです。
▼発熱や咳、息苦しさ(呼吸困難)強いだるさ(倦怠感)等の症状がある人
▽原則「かかりつけ医」に相談
「かかりつけ医」または地域の身近な医療機関に相談し、診療や検査を受診するか、「診療・検査医療機関」の紹介を受けます。地域の身近な医療機関については、東京都医療機関案内サービス「ひまわり」等で検索することができます。
東京都医療機関案内サービス「ひまわり」のホームページ
【HP】https://www.himawari.metro.tokyo.jp/

▽「かかりつけ医」がない等、相談する医療機関に迷う場合
「東京都発熱相談センター」に相談し、「受診・相談医療機関」の紹介を受けます。
日時:24時間対応しています。
【電話】5320-4592

▼新型コロナウイルス感染症に関する一般的な電話相談
▽みなと保健所電話相談窓口
対象:区内在住・在勤・在学者
とき:月~金曜 午前8時30分~午後5時15分
【電話】3455-4461
聴覚障害がある人等の相談窓口【FAX】3455-4460

▽東京都電話相談窓口(新型コロナコールセンター)
日時:月~日曜 午前9時~午後10時(祝日を含む)
対応内容:感染の予防に関することや、新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談
【電話】0570-550571(ナビダイヤル) 多言語(日本語、英語、中国語、韓国語)対応
聴覚障害がある人等の相談窓口【FAX】5388-1396

▽厚生労働省電話相談窓口
日時:午前9時~午後9時 ※土・日曜、祝日も対応しています。
【電話】0120-565653(フリーダイヤル)

▼港区新型コロナこころのサポートダイヤル【電話】5333-3808
対象:区内在住・在勤・在学者
日時:月~金曜(祝日を除く)午前9時~午後5時
開設期間:令和3年3月末まで

問い合わせ:
保健予防課保健予防係【電話】6400-0081【FAX】3455-4460
・港区新型コロナこころのサポートダイヤルについて
健康推進課地域保健係【電話】6400-0084【FAX】3455-4460

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU