ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

区民の皆さんへのメッセージ

1/35

東京都港区 ホームページ利用規約等

■いままでの日常を取り戻すことができるよう、新型コロナウイルス感染症対策に全力を尽くしてまいります

新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続く中、区民の皆さんには、暮らしや仕事に関する不安を抱えながらも、感染予防のために危機意識を持って行動していただいています。
現在、区では、感染者を早期に発見し適切な医療に繋げるために、みなと保健所において、電話相談から、港区医師会とも連携した検体採取、みなと保健所内の検査室や民間機関も活用した迅速なPCR検査、陽性者の病院への搬送や健康観察、感染源や接触者の調査等まで、新型コロナウイルス感染症に総合的に対応しているほか、妊産婦や区内医療機関へのマスク提供、区民向けの生活支援や中小企業者向けの融資あっせん等により、感染症とその影響の拡大防止に取り組んでいます。
また、緊急対策のための約350億円の補正予算を編成し、5月12日に開かれた港区議会臨時会において議決されました。
店舗等のオーナーに対し、テナント賃料減額分の一部を助成します。親が入院する時の子どもや障害児・者等のためのホテル確保、妊婦への育児パッケージ配布、外出に不安を感じる高齢者世帯等の買い物支援、町会・自治会や各種団体の活動支援、区立小中学校におけるタブレット端末の活用推進などを充実させました。詳しくは港区ホームページでご案内しています。
区民1人あたり10万円の特別定額給付金についても、電子申請の受付は5月1日から開始し、申請書の郵送は明日、5月22日(金)から開始します。
区は、にぎわいと魅力あふれる港区のまちを形作るすべての人の健康を守り、暮らしを支え、不安を解消することで、新型コロナウイルス感染症の収束後できるだけ早く、いままでの日常を取り戻すことができるよう、全力を尽くしてまいります。
区民の皆さんには、引き続き(1)不要不急の外出を控えること、(2)密閉された空間・密集する場所・密接する場面を避けることを心がけて、ご自身と身近な人の命を守っていただくようお願いいたします。新型コロナウイルス感染症拡大に起因するストレスや不眠等、心の不調をお感じの方は、精神保健福祉士や臨床心理士等の専門職が相談にこたえる「港区新型コロナこころのサポートダイヤル」にぜひお電話ください(【電話】03-5333-3808 月~金曜 午前9時~午後5時受付)。

(港区長 武井雅昭)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU