ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ(1)

4/35

東京都港区 ホームページ利用規約等

■新型コロナウイルス感染症拡大に伴う中小企業者支援としての特別融資あっせん制度をご利用ください
あっせん期間を6月末まで延長し、引き続き中小企業者を強力に支援します。
あっせん期間:6月30日(火)まで
あっせん金額:500万円以内
資金使途:運転資金
利率:無利子(区が利子の全額を負担します)
貸付期間:7年以内(据え置き1年を含む)
信用保証料:本融資に伴う信用保証料を区が全額補助します。
対象条件:以下の条件を全て満たしている法人および個人
(1)次に該当する事業者
新型コロナウイルス感染症の影響で最近1カ月間の売上高が前年同月比で10パーセント以上減少
(2)事業所の規模
資本金1千万円以下または、従業員100人(小売業、卸売業、サービス業は30人)以下
(3)事業所の所在地
法人の場合は、港区内に1年以上本店登記と本店での事業の実態があり、かつ同一事業を1年以上営んでいること
個人の場合は、港区内で1年以上、同一事業を営んでいること(事業主の住所が港区内に1年以上ある場合は、都内で同一の事業を1年以上営んでいること)
(4)対象業種
東京信用保証協会の保証対象業種を営んでいること
(5)その他
納期の到来している特別区民税・都民税(法人は、港都税事務所に法人都民税と法人事業税)を港区に完納していること
あっせん手続きの流れ:申請書類一式を郵送で6月30日(火・必着)までに、〒105-8511港区役所産業振興課「新型コロナウイルス感染症対策特別融資あっせん窓口」へ。
※申請書類については、産業振興課ホームページ「MINATOあらかると」(https://www.minato-ala.net/)をご覧ください。

担当課:産業振興課経営相談担当

問い合わせ:特別融資あっせん制度について
港区産業振興課専用コールセンター【電話】3578-2560・1

■新型コロナウイルス感染症の影響を受け、生活にお悩みの皆さんへ~お金、仕事、住宅等、生活に関する相談窓口のご案内~
新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、収入が減ってしまい、家計が苦しい等、生活のことでお悩みはありませんか。
港区生活・就労支援センターでは、仕事や家計のこと等、社会福祉士等の資格を持った専門の職員がお話を伺いながら、解決に向けた提案や、お手伝いをします。一人で悩みを抱え込まず、まずはお気軽にご相談ください。

問い合わせ:
・港区生活・就労支援センター
【電話】5114-8826【FAX】3505-3501

■新型コロナウイルス感染症拡大の影響による貸付や融資あっせん等の手続きに使用する各種証明書を無料で交付します
事務手数料が無料となる証明書:区が発行する住民票の写し、印鑑登録証明書、特別区民税・都民税納税証明書、営業等に関する証明書等
手続き方法:窓口で証明書の交付を請求する際に、新型コロナウイルス感染症の影響による各種貸付や融資等の申請に使用することを申し出てください。住民票の写し、納税証明書を郵送により請求する際は、請求書に使用目的を明記してください。
特別融資あっせん制度や各種証明書を無料で交付する件の詳細については、港区ホームページをご覧いただくか、電話でお問い合わせください。
また、郵送可能な手続きに要する郵送料を区が負担します。詳しくは9面をご覧ください。

問い合わせ:
・各種証明書の窓口請求、住民票の写しの郵送請求について
芝地区総合支所区民課証明交付担当【電話】3578-3143
・納税証明書の郵送請求について
税務課税務係【電話】3578-2586
・業等に関する証明書について(証明する内容によって担当する係にご案内します)
みなと保健所生活衛生課【電話】6400-0050

■新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ごみ・資源・資源プラスチックの出し方にご注意ください
新型コロナウイルス等の感染流行時、家庭からごみ・資源・資源プラスチックを出す際は、以下の点に注意をしてください。
区民の皆さんにご協力いただくことによって、ご自宅の周辺地域にお住まいの人や、ごみの収集・選別・処分作業をしている作業員等への感染リスクを下げることにつながります。感染拡大防止にご協力をお願いします。

□注意点
家族等身近な人への感染リスクを下げるために:
・ごみに直接触れない。
・ごみ袋はしっかり縛って封をする。
・ごみを捨てた後は手を洗う。
周辺地域の人への感染リスクを下げるために:
・ごみ(使用後のマスクやティッシュ等)を路上や公園等へポイ捨てすることは、絶対にやめてください。
ごみや資源を収集・選別・処分をしている作業員等への感染リスクを下げるために:
・新型コロナウイルス感染症に感染している人または感染が疑われる人が飲み終えたペットボトル(キャップ含む)や資源プラスチックは、可燃ごみで出してください。
・使用した後のマスク・ティッシュ・飲み終えたペットボトル等、感染拡大の原因となる恐れがあるごみは、ビニール袋に入れて密閉してからごみ袋に入れてください。
・ごみ袋を集積所に出す際は、しっかりとごみ袋の口をしばってください。
・集積所のごみがカラス等に荒らされないように対策をしてください。

問い合わせ:みなとリサイクル清掃事務所清掃事業係
【電話】3450-8025

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU