ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和3年度 予算編成方針 ~区民とともに明るい未来を築き上げる予算~

10/36

東京都港区 ホームページ利用規約等

■令和3年度予算編成方針
新型コロナウイルス感染症の影響により、人々の生活様式は一変するとともに、経済状況の悪化に伴う特別区民税の大幅な減収が見込まれる等、区民生活や区政運営は大きな影響を受けています。
いかなる状況下にあっても、積極的な財源の確保、業務効率化の徹底により、区民サービスの質を下げることなく、区内中小企業支援、消費喚起対策等新型コロナウイルス感染症の影響から回復する取り組みの他、感染症を契機とした複合災害への備え、行政手続きのオンライン化を進めます。
また、区は、政令指定を受けて児童相談所設置市となり、令和3年4月に児童相談所を開設します。子どもに関わるさまざまな問題に対して、切れ目のない一貫した支援に全庁を挙げて取り組みます。
令和3年度は、新たな港区基本計画の初年度として、めざすべきまちの姿の実現に向け、着実に取り組んでいきます。

■予算編成における重点施策
1.新型コロナウイルス感染症がもたらした影響から早期に回復するための取組
・区内中小企業の経営支援、消費喚起策
・商店街支援、文化芸術活動支援等

2.誰もが健康で暮らしやすい社会を実現する取組
・誰もが希望する保育を受けられる環境づくり、児童虐待防止対策の強化や里親支援の充実
・働き盛り世代の健康づくり、感染症・震災・風水害対策等

3.新たな時代に対応した区民サービスへ転換する取組
・オンラインを通じた申請手続き、キャッシュレス決済
・5Gの活用、福祉総合窓口の設置等
※予算編成方針の全文は、港区ホームページでご覧いただけます。

□予算編成過程の公開
区は、区役所の各部署が必要経費を要求する時点から、区が当初の予算案を決定するまでの過程を、港区ホームページや「広報みなと」で順次公開します(下表参照)。

【予算編成の流れ】

問い合わせ:財政課財政担当
【電話】3578-2098

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU