ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症を乗り越えていくために(2)

2/36

東京都港区 ホームページ利用規約等

■新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ごみ・資源・資源プラスチックの出し方にご注意ください
新型コロナウイルス等の感染拡大防止のため、家庭からごみ・資源・資源プラスチックを出す際は、次の点に注意をしてください。

▼感染リスクを下げるための注意点
▽家族等身近な人に対して
・ごみに直接触れない。
・ごみ袋はしっかり縛って封をする。
・ごみを捨てた後は手を洗う。

▽周辺地域の人に対して
・ごみ(使用後のマスクやティッシュ等)を路上や公園等へポイ捨てすることは、絶対にやめてください。

▽ごみや資源を収集・選別・処分をしている作業員等に対して
・新型コロナウイルス感染症に感染している人または感染が疑われる人が飲み終えたペットボトル(キャップ含む)や資源プラスチックは、可燃ごみで出してください。
・使用した後のマスク・ティッシュ・飲み終えたペットボトル等、感染拡大の原因となる恐れがあるごみは、ビニール袋に入れて密閉してからごみ袋に入れてください。
・ごみ袋を集積所に出す際は、しっかりとごみ袋の口を縛ってください。
・集積所のごみがカラス等に荒らされないように対策をしてください。

区民の皆さんにご協力いただくことによって、ご自宅の周辺地域にお住まいの人や、ごみの収集・選別・処分作業をしている作業員等への感染リスクを下げることにつながります。感染拡大防止にご協力をお願いします。

問い合わせ:みなとリサイクル清掃事務所清掃事業係
【電話】3450-8025

■新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な皆さんへ区税の徴収を猶予する「特例制度」のお知らせ
従来の区税の徴収猶予とは異なり、新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な場合の「特例制度」においては、徴収猶予を受けるための担保の提供は不要で、区税の納付が遅れたことによる延滞金もかかりません。

□対象となる税金
・特別区民税・都民税(特別徴収分)の令和2年度8月分~12月分
・特別区民税・都民税(普通徴収分)の令和2年度第2期~第3期分

□対象
次の(1)(2)のいずれも満たす納税者、特別徴収義務者
(1)新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年2月以降の任意の1カ月以上において、事業等に係る収入が前年同期に比べておおむね20パーセント以上減少していること。
(2)納期限までに納付することが困難であること。

□猶予の期間
それぞれの納期限の翌日から1年間、徴収の猶予を受けることができます。

□手続き
徴収の猶予を受けるには、所定の特例徴収猶予申請書を提出する必要があります。併せて、収入や現預金の状況が分かる資料を提出していただきます。
特例徴収猶予申請書は、電話またはファックスで連絡をいただければ郵送します。また、税務課納税促進係(区役所2階)で配布する他、港区ホームページからダウンロードもできます。
郵送での申請は、〒105-8511 港区役所税務課納税促進係へ(郵送料は区が負担します)。また、eLTAX(地方税ポータルシステム)を利用したオンライン申請も可能です。
窓口でも申請を受け付けますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、できるだけ郵送またはオンライン申請をご利用ください。

□提出期限
それぞれの納期限までに申請が必要です。

問い合わせ:税務課納税促進係
【電話】3578-2615~20・26~33【FAX】3578-2634

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU