文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症を乗り越えていくために(3)

19/42

東京都港区 ホームページ利用規約等

■家賃の支払いにお困りの人へ~「住居確保給付金」のご相談は港区生活・就労支援センターへ~
新型コロナウイルス感染症の影響による休業等に伴う収入の減少・失業により、住居を失う恐れがある人について、家賃相当額を家主に支給します。
対象:次の条件を満たす人
(1)離職等により生活に困窮し、住宅を喪失または喪失する恐れがあること
(2)離職・廃業から2年以内、またはやむを得ない休業等により、収入を得る機会が減少し、離職等と同程度の状況にあること
(3)資産が一定額以内、かつ収入基準額以内であること(表参照)
支給額:支給上限額(表参照)を限度とした、収入に応じて調整された額
支給期間:原則3カ月(一定の条件により3カ月間の延長、再延長および再々延長が可能)
支給方法:区が家主・不動産業者・保証会社等へ代理納付
申し込み:郵送または直接、〒106-8515 六本木5-16-45 港区生活・就労支援センターへ(区が郵送料を負担します)。

【表】対象となる基準額と支給上限額

※実際の家賃額が支給上限額を超える場合は支給上限額で算定します。

▼「住居確保給付金」の受給要件が1月1日から変更されました
▽支給期間の延長
原則3カ月、延長は3回まで、最長12カ月間の受給が可能となります。

▽求職活動要件の変更
次の要件を全て満たすこと
申請・延長・再延長:
[1]離職・廃業による申請
(1)申請時ハローワークへの求職申し込み
(2)常用就職をめざす就職活動
(3)月1回以上就労支援員との面談等
(4)月2回ハローワークにおける職業相談等
(5)週1回以上企業等への応募・面接
[2]休業等による減収での申請
(1)月1回以上就労支援員との面談等
(2)申請・延長・再延長の際に、休業等の状況について港区生活・就労支援センターへの報告
(3)申請・延長・再延長決定の際に、港区生活・就労支援センターにおける面談の実施および本人に応じた活動方針の決定
再々延長:
※全ての受給者に適用されます。
(1)ハローワークへの求職申し込み
(2)常用就職をめざす就職活動
(3)月1回以上就労支援員との面談等
(4)月2回ハローワークにおける職業相談等
(5)週1回以上企業等への応募・面接
※港区生活・就労支援センターは、港区が設置した、生活にお困りの人の相談を受ける機関です。社会福祉士等、専門的な資格を持った職員が相談に応じます。職員が相談者と一緒に問題点を整理し、必要に応じて生活保護をはじめとした他制度につなぐ等、生活改善に向けて支援します。
※新型コロナウイルス感染症の影響により、支援内容に変更が生じる場合があります。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、まずは電話でご相談ください(相談窓口等の混雑が予想されますので、ご留意ください)。
担当課:生活福祉調整課自立支援担当

問い合わせ:港区生活・就労支援センター
【電話】5114-8826【FAX】3505-3501

■季節性インフルエンザ流行期における外来受診等の相談先を紹介します
新型コロナウイルス感染症の流行が続いている中、インフルエンザが流行する季節になりました。
インフルエンザや新型コロナウイルス感染症を疑う症状がある人の相談先は次のとおりです。

▼発熱や咳、息苦しさ(呼吸困難)強いだるさ(倦怠感)等の症状がある人
原則「かかりつけ医」に相談「かかりつけ医」または地域の身近な医療機関に相談し、診療や検査を受診するか、「診療・検査医療機関」の紹介を受けます。地域の身近な医療機関については、東京都医療機関案内サービス「ひまわり」等で検索することができます。
【HP】https://www.himawari.metro.tokyo.jp/

▼「かかりつけ医」がない等、相談する医療機関に迷う場合
「東京都発熱相談センター」に相談し、「診療・検査医療機関」の紹介を受けます。
日時:24時間対応しています。
【電話】5320-4592

▼新型コロナウイルス感染症に関する一般的な電話相談
▽みなと保健所電話相談窓口
対象:区内在住・在勤・在学者
日時:月~金曜 午前8時30分~午後5時15分
【電話】3455-4461
聴覚障害がある人等の相談窓口【FAX】3455-4460

▼東京都電話相談窓口(新型コロナコールセンター)
日時:月~日曜 午前9時~午後10時(祝日を含む)
対応内容:感染の予防に関することや、新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談
【電話】0570-550571(ナビダイヤル) 多言語(日本語、英語、中国語、韓国語)対応
聴覚障害がある人等の相談窓口【FAX】5388-1396

▽厚生労働省電話相談窓口
日時:午前9時~午後9時 ※土・日曜、祝日も対応しています。
【電話】0120-565653(フリーダイヤル)

▼港区新型コロナこころのサポートダイヤル【電話】5333-3808
新型コロナウイルス感染症の流行が続いている中、ストレスや不眠等の心の不調について相談できる電話相談窓口です。
対象:区内在住・在勤・在学者
日時:月~金曜(祝日を除く)午前9時~午後5時
開設期間:3月末まで

問い合わせ:
保健予防課保健予防係【電話】6400-0081【FAX】3455-4460
・港区新型コロナこころのサポートダイヤルについて
健康推進課地域保健係【電話】6400-0084【FAX】3455-4460

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU