文字サイズ
自治体の皆さまへ

予防接種のご案内

16/36

東京都港区 ホームページ利用規約等

■予防接種とは
病気に対する免疫をつけるため、または免疫を強くするために、ワクチンを接種することをいいます。ワクチンは感染症の原因となるウイルスや細菌の毒素を弱めて作られたもので、これを接種した人が病気にかかることを予防し、人への感染で社会に病気がまん延してしまうことの防止を目的としています。
また、病気にかかったとしても、予防接種をしていた人は重症化を防げる場合があります。
定期予防接種は不要不急の外出には当たりません。健康な生活を送るため、感染症対策を行った上で予防接種を受けてください。

■区では次の定期予防接種を実施しています
※新型コロナウイルス感染症のワクチン接種については、今後発行する広報みなとおよび港区ホームページでお知らせします。

【子どもの定期予防接種】

※1 日本脳炎ワクチンの供給量が減少すると予想されるため、国からの要請を受け、予診表の送付を一時見合わせます。詳しくは、港区ホームページをご覧いただくか、お問い合わせください。

【高齢者の定期予防接種】

■実施場所
港区定期予防接種実施医療機関(予診票等と合わせて、実施医療機関の一覧を送付しています。)

■費用
無料(一部例外あり)

■予防接種を受けるには予診票が必要です
区では、対象となる人へ各予防接種のスケジュールに合わせて、予診票を郵送しています。
予診票がお手元にない場合は、予診票を発行しますので、保健予防課保健予防係へお問い合わせください。

■区外の医療機関で接種した定期予防接種費用を助成します
23区内の指定医療機関であれば区が発行した予診票を使用できます。また、里帰り出産や育児、入院・入所等で、23区外で定期予防接種を受ける人には予防接種費用を助成します。助成を受けるには、接種する前に「定期予防接種実施依頼書」の交付を受ける必要があります。詳しくは、お問い合わせいただくか、港区ホームページをご覧ください。

■転入した人へ
対象となる人の接種履歴を確認し、必要な予診票を発行しますので、保健予防課保健予防係へお問い合わせください。お子さんの場合は母子健康手帳をお持ちいただき、保健予防課保健予防係にお越しいただくか、お手元に母子健康手帳をご用意の上、電話でお問い合わせください。

■転出する人へ
港区で発行した予診票は転出後に利用できません。予診票の発行については、転出先の自治体にお問い合わせください。

問い合わせ:保健予防課保健予防係
【電話】6400-0081

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU