文字サイズ
自治体の皆さまへ

詐欺にだまされないで!

1/38

東京都港区 ホームページ利用規約等

■相手が誰でも、電話でお金の話が出たら
振り込め詐欺をはじめとする特殊詐欺の被害は、依然として発生しています。
相手が誰を名乗っても、お金の話が出たら、必ず疑い、一度電話を切って、区や警察に相談しましょう。

一、疑う
相手が誰でも、お金の話が出たら疑いましょう
二、切る
一度電話を切り、落ち着きましょう
三、相談する
区や警察署に相談しましょう

*港区における被害状況
令和3年1~10月に、区内では64件、合計約1億2000万円の被害が発生しています。

□このような言葉が出てきたら、「詐欺の電話」と疑いましょう
・港区の保険課の者です。医療費の還付金があります。これからATMに行ってください。
キーワード:保険課、医療費、還付金、ATM
・おれだけど、荷物をなくした。遺失物センターから電話がくるから対応してほしい。
キーワード:荷物(携帯電話、カバン)をなくした、遺失物センター
・〇〇警察署です。犯人を捕まえたら、あなたのキャッシュカードが出てきました。キャッシュカードが偽造されています。
キーワード:警察署、キャッシュカード、クレジットカード

□自動通話録音機を活用しましょう
区では、高齢者のいる世帯等に、自動通話録音機を無料で貸与しています。録音した会話内容は繰り返し再生できるので、通報やその後のご自身の防犯対策にも役立ちます。
※電気料金はご自身で負担していただきます。
※電話機等の状況によっては使用できない場合があります。

自動通話録音機と区の救急通報システムが併用できるようになりました

*自動通話録音機…
電話機に接続しておくと、呼出音が鳴る前に自動的に相手に警告音声を伝え、その後の通話の内容を録音します。

問い合わせ:防災課生活安全推進担当
【電話】3578-2271

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU