ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

国民健康保険の「限度額適用(・標準負担額減額)認定証」

21/66

東京都狛江市

入院時や高額な外来診療を受ける時に限度額適用(・標準負担額減額)認定証(以下、「限度額証」)を医療機関に提示すると、自己負担限度額までの支払いとなります(表1・表2参照)。提示がない場合、自己負担限度額を超えた分は高額療養費として支給します(最短で診療月の3カ月後になります)。長期の入院等が見込まれる場合、事前に「限度額証」の交付申請をしてください。ただし、国民健康保険税を滞納している場合は交付できません。
・70歳未満の方 住民税非課税世帯の方は「限度額証」を提示することで、入院時の食事代も減額されます(表1参照)。
・70歳以上75歳未満の方 世帯の課税所得が145万円以上690万円未満の方と住民税非課税世帯の方は、「限度額証」の申請をしてください(表2参照)。
なお、それ以外の方は、高齢受給者証が「限度額証」の代わりになります。

■表1 70歳未満の方の自己負担限度額

■表2 70歳以上75歳未満の方の自己負担限度額

※1 過去12カ月間に、高額療養費の支給が4回以上あった世帯の4回目以降の限度額
※2 年間所得とは、総所得金額等から基礎控除額を差し引いた額のことを指します。
※3 住民税非課税世帯に該当する期間において、過去12カ月間に90日を超えて入院していた場合、入院期間が明らかとなる領収書を持参の上、申請してください。

問い合わせ:保険年金課国民健康保険係

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU