ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

消費生活センターから(155)

17/35

東京都狛江市

《通販サイトで購入した海外の格安な衣料品のトラブルにご注意!》

■相談事例
スマートフォンの動画サイトの広告を見て海外の格安な衣料品を扱う通販サイトでワンピースなど3点を注文し、クレジットカードで代金約1万円を支払いました。商品は1カ月後に届きましたが、クレジットカードの利用明細を見ると二重に請求されています。業者に電話しましたが、つながりません。どうしたらよいでしょうか。

■アドバイス
海外から発送される格安の衣料品に関するネット通販のトラブルが増えています。商品が届かない、汚れた状態で届いた、サイズが合わない、広告の色と違う、二重に請求された、業者と連絡がつかないなど内容はさまざまです。クレジットカード決済のほか、代金前払いで金融機関に振り込む方法も見られます。
通信販売は特定商取引法による規制があり、業者名や住所、連絡先の表示などが義務付けられています。業者の名称や住所が不備、連絡先が書かれていない、メールアドレスがフリーメールである、代金前払いを条件とする、会社なのに振込口座が個人名などの業者は避けましょう。通信販売では返品や交換は原則、利用規約に従います。悪質なサイトには、日本語が不自然、交換・返品に応じない、連絡が取れないもしくは途絶えてしまうなどの共通点があります。デザインや価格だけを見て決めずに、初めての業者には取引前に電話してみるのも良いでしょう。
事例では、相談者からクレジットカード会社に相談し、カード番号は変更、請求内容は調査されることになりました。注文確認メールなどは保存しておくように伝えました。
心配なことがあれば、消費生活センターへ。

問い合わせ:地域活性課地域振興係

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU