文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症 自宅療養者へ食料品等を支援します

2/35

東京都狛江市

新型コロナウイルス感染症拡大により、入院または宿泊療養施設へ移行できない自宅療養者が増加しています。市では、東京都が開設した「自宅療養者フォローアップセンター」が行っている1週間分の配食が届くまでの間、3日分の食料の配送および血中酸素飽和度測定器を貸し出し、安心して療養できる環境を確保することを目的として食料品等の支援を行います。

■事業期間
8月31日(火)から当面の間(予定)

■対象者
次の事項に該当し、支援を希望する市内在住の方
・新型コロナウイルス感染者の方で、自宅療養中または入院・療養等調整中で在宅の方
・近隣に支援してくれる方がいない等、食料品の支援が必要な方(インターネット通販や宅配サービス等による食料確保が困難な方)

■支援内容
支援用の食料セット(1日当たり3食相当分のレトルト食品等)および血中酸素飽和度測定器(3週間以内の貸し出し)

■お届け日
原則、市が受け付けた日の翌開庁日
※血中酸素飽和度測定器の返却は、あいとぴあセンターへ郵送または持参してください。
※食料セットの内容の指定およびアレルギー対応はできません。
※申し込み方法等詳細は、市ホームページをご覧ください。

申し込み・問い合わせ:電話・ファクスまたは市ホームページの専用フォームから、健康推進課(あいとぴあセンター)
【電話】3488-1181、
【FAX】3488-9100へ。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU