ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

国民健康保険に加入している方へ

16/24

東京都葛飾区

■70歳未満で人工腎臓を実施している慢性腎不全の方の「特定疾病療養受療証」の有効期限は、7月31日(水曜日)までです
引き続き該当する方には、新しい受療証を送付します。
問い合わせ:国保年金課
【電話】5654-8212

■医療費が自己負担限度額までになります
高額な医療費の一時的な支払い負担を軽減させるため、申請により「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」を交付します。平成31年度の住民税が非課税の世帯の方は、認定証を提示することで食事療養費などが減額されます。
申請できる方:
70歳未満の方 国民健康保険料を滞納していない世帯の方
70歳以上で次のいずれかに該当する方
・負担割合が2割の高齢受給者証をお持ちで、世帯の住民税が非課税の方
・負担割合が3割の高齢受給者証をお持ちの方(住民税課税所得が690万円以上で70歳以上の国保加入者のいる世帯を除く)
※上記に該当しない70歳以上の方は、申請不要です。
申請に必要な物:国民健康保険被保険者証
※平成31年1月2日以降に葛飾区に転入した方は、前住所地の平成31年度の住民税課税(非課税)証明書(世帯全員分)が必要となる場合がありますので、お問い合わせください。
申請・問い合わせ:国保年金課
【電話】5654-8212

■高齢受給者証をお持ちの方へ
7月16日(火曜日)以降に新しい高齢受給者証を送付します
対象:昭和19年8月2日~24年7月1日生まれの方
有効期限:8月1日~令和2年7月31日(昭和20年7月31日までに生まれた方は、誕生日の前日まで)
有効期限が切れた高齢受給者証は、国保年金課または区民事務所へお返しください。8月1日(木曜日)以降にご自身で裁断し破棄しても構いません。

◆負担割合判定基準
◇一部負担金の割合 3割
所得区分:現役並み所得者
負担割合判定基準:同じ世帯で高齢受給者証をお持ちの方の中に、平成31年度住民税課税所得145万円以上の方がいる場合

◇一部負担金の割合 2割
所得区分:一般
負担割合判定基準:同じ世帯で高齢受給者証をお持ちの方全員が、平成31年度住民税課税所得145万円未満の場合

◆新しい高齢受給者証の一部負担金の割合が3割の方へ
平成30年中の収入額が次のいずれかに該当する場合、新しい高齢受給者証に同封の「基準収入額適用申請書」を提出すると、負担割合が2割になります。基準収入額以上の方は申請の必要はありません。
・同じ世帯に高齢受給者証をお持ちの方が1人の場合で、その方の収入額が383万円未満
・同じ世帯に高齢受給者証をお持ちの方が1人で、かつ旧国保被扶養者(国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行した方)がいる場合で、その方も含めた合計収入額が520万円未満
・同じ世帯に高齢受給者証をお持ちの方が2人以上いる場合で、その方々の合計収入額が520万円未満
申請に必要な物:平成30年中の収入額が分かる物(確定申告書の控えなど)、マイナンバー(個人番号)カードまたは通知カードなど世帯主と対象者の方のマイナンバーを確認できる物、届出者の本人確認書類(運転免許証など)、基準収入額適用申請書
申請・問い合わせ:国保年金課
【電話】5654-8210

担当課:国保年金課(区役所3階315番)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU