ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

高齢者のフレイル予防 オーラル(口腔(こうくう)機能・栄養)・フレイル編

20/41

東京都葛飾区

「フレイル」とは、筋力や活動量、認知機能の低下などにより、要介護状態に陥りやすい虚弱な状態のことです。年齢を重ねてからも元気に過ごすためには、フレイルについて理解し、早期発見することで、正しい対処・予防をすることが重要です。
フレイル予防には身体(フィジカル(Physical))、口腔機能・栄養(オーラル(Oral))、認知機能・精神機能(ブレイン(Brain))、社会地域活動(ソーシャル(Social))の4要素「POBS(ポブス)」が重要になります。

■このようなことはありませんか
・お茶などでむせやすくなった
・食べ物・飲み物が飲み込みにくい
・口の渇きが気になる
・固いものが食べにくくなった

◇1つでも当てはまる方は・・・
「かむ・飲み込む」機能が衰えてきているかもしれません。歯が無い方、入れ歯の方、歯や歯肉に気になることが無い方も、かかりつけ歯科医で定期的なお口のケアをしましょう。区で行っている歯科健康診査もご利用ください。

◇お口体操で筋肉を鍛えよう
「かつしか笑顔いきいきお口体操」の動画を区公式YouTubeチャンネルで公開しています。
紙面またはPDF版のQRコードからもアクセスできます。
舌を上下左右に出したり、舌で左右の頬をつついたりすることでお口の筋肉が鍛えられます。

◆食事のポイント
・1日3食で適正な栄養摂取をしましょう
食事の時間を決めて、1日3食、毎日規則正しい食生活を送りましょう。
・肉か魚を1日2品、卵や豆腐は1日1品食べましょう
肉や魚、卵、豆腐(大豆製品)には、筋肉量の維持に必要なたんぱく質が多く含まれています。食欲はあるのに体重が減ってきた方は、積極的にたんぱく質を取りましょう。
・牛乳やヨーグルトを1日1杯程度取りましょう
乳製品にはカルシウムやたんぱく質が多く含まれ、骨の健康や筋肉量の維持に有効です。
・食事の取り方を工夫しましょう
食事が飲み込みにくいときは、とろみをつけると飲み込みやすくなります。また、食欲がないときはおかずから食べるようにしましょう。乳製品や総菜パンなど食事の一部を間食として取り入れ、小分けに食事を取ることも有効です。

■長寿歯科健康診査
令和2年度に81歳になる方を対象とした歯科健診と口腔機能チェックを10・11月に実施します。詳しくは、健康づくり課(【電話】03-3602-1268)へお問い合わせください。

担当課:
・お口の健康に関すること
健康づくり課
【電話】03-3602-1268
・介護予防に関すること
高齢者支援課
【電話】03-5654-8598

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU