ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

子どものみなさんへ あなたの人生の主人公は、あなたです

4/10

東京都豊島区

子どもたちが安心して今を生き、自分らしく健やかに成長していくことを願って、平成18 年に「豊島区子どもの権利に関する条例」を制定しました。子どもは、一人ひとりがかけがえのない存在として、尊重されます。この条例では、子どもが持つ大切な権利や子どもに関わるおとなの役割を定めています。

■子どもの権利って?
条例に定める子どもの権利を紹介します。
日常の場面に当てはめて、考えてみてください。

○自分で決めること
子どもは、自分のやりたいことや将来のことなど、自分のことを、周りの人に助言をもらいながら自分で決めることができます。

○安心して生きること
子どもは、暴力や虐待、いじめ、差別などから心や体を守られ、安心して過ごすことができます。

○思いを伝えること
子どもは、自分の思いや考えたこと、意見などを他の人の権利を尊重しながら自由に周りの人に伝えることができます。

○社会の中で育つこと
子どもは、地域の一員として地域の活動に参加したり、地域の文化や伝統などを学び、よりよく知ることができます。

○が尊重されること
子どもは、一人ひとりがかけがえのない存在として、個性を大切にしながら自分らしく成長することができます。

○かけがえのない時を過ごすこと
子どもは、成長に合わせて、遊んだり、学んだり、芸術や文化に触れたり、休んだりして、時を過ごすことができます。

○支援を求めること
子どもは、不安や困っていることがあったり、心や体が傷つけられそうなときは、周りの人に相談して、助けを求めることができます。

■「子どもの権利」に関する取組み
「子どもの権利」の周知この条例や「子どもの権利」を広く知っていただくため、パンフレットの作成や、区民の方や団体を対象とした出前講座を行っています。

○子どもの遊び場や居場所づくり
子どもが安心して遊んだり学んだりしながら過ごすことのできる遊び場や居場所をつくり、運営しています。
施設の場所や開館時間などの詳細は、区ホームページを確認してください。

小学生の居場所:子どもスキップ

中高生の居場所:中高生センタージャンプ

自分の責任で自由に遊べる:プレーパーク

○悩み事などの相談
子どもが悩みや不安を相談できる窓口や制度を整えています。各中高生センタージャンプでは月1 回、「子どもの権利擁護委員」が子どもからの相談を受け付けています。
「子どもの権利擁護委員」は、友達や家族との関係やインターネットでのトラブルなど、日常の様々な悩み事について相談に応じています。実施日などの詳細は区ホームページを確認してください。

「子どもの権利擁護委員」の山下さん。子どもの悩みに寄り添い、親身に話を聞いてくれます。

問合せ:子ども若者課地域支援グループ
【電話】3981-2187

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU