ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

「新型コロナウイルス感染症」関連情報

3/19

東京都足立区 クリエイティブ・コモンズ

あだち広報に掲載している内容は、6月17日時点の情報です。今後変更になる場合があります。最新情報は区のホームページをご覧ください。

■新型コロナウイルス
◆感染症対策経費 総額59.2億円(6月8日時点)
補正予算や予備費充当などにより、区民や事業者を支援しています。
※特別定額給付金・子育て世帯への臨時特別給付金など、国からの補助金(718億円)を除く。表示単位未満を端数調整していないため、加減乗除した数値が一致しない場合があります。

◆医療従事者・医療機関を支える 3.4億円(5.7パーセント)
・PCR検査センターの設置や入院のための病床確保など

◆区民生活を支える 2.8億円(4.8パーセント)
・ひとり親家庭などへの区独自の緊急支援給付金など

◆区民を新型コロナウイルスから守る 1.3億円(2.1パーセント)
・感染拡大防止のための物品購入など

◆子どもたちを支える 16.4億円(27.8パーセント)
・臨時休校期間中のオンライン学習の支援など

[各種手続きなど]
■足立区独自
◆ひとり親家庭・障がいのある子どもを育てる家庭などへ緊急支援給付金を支給
対象:2月から5月分の児童育成手当の受給者
※申請不要
支給額:児童1人につき2万円
支給開始時期:7月上旬以降
※くわしくは対象者へ送付した案内をご覧ください。

問合せ:親子支援課 親子支援係
【電話】03-3880-5883

■精神障がいに関する手続き
◆自立支援医療(精神通院)受給者証の有効期限を1年延長
対象:有効期限が3月1日から3年2月28日の受給者証を所持する方 ※加入している健康保険や医療機関の変更などがある場合は通常通りの申請が必要

◆精神障害者保健福祉手帳更新時の診断書提出を猶予
対象:有効期限が3月1日から3年2月28日の手帳を所持する方
※診断書なしで更新した場合、1年以内に診断書・写真添付による再申請が必要

いずれも
問合せ:中央本町地域・保健総合支援課 精神保健係(足立保健所内)
【電話】03-3880-5358

■2年度就学援助の特別申請
対象:2年度の就学援助を申請済みで認定結果(7月以降に順次発送)が「否認定」となった世帯
※就学援助が未申請の場合も、特別申請の事由に該当する場合は申請可
内容:「新型コロナウイルス感染症」の影響などで、学校給食費や学用品費などの支払いにお困りの保護者に費用の一部を援助
※申し込み方法など、くわしくはお問い合わせください。

問合せ:学務課 助成係
【電話】03-3880-5977

■「持続化給付金申請サポート会場竹ノ塚(会場番号1343)」を国が設置
場所:エース足立ビル2階 特設会場(保木間2丁目1番地1号)
内容:持続化給付金(法人へ最大200万円、個人事業主などへ最大100万円を支給)の電子申請の補助
※事前予約が必要。対象など、くわしくは区のホームページをご覧ください。
申込み:中小企業庁・申請サポート会場 受付専用ダイヤル

【電話】0120-835-130

事前予約が困難な方は、区へご相談ください。

問合せ:区・企業経営支援課 相談・融資係
【電話】03-3880-5486

■お早めに申請ください!
◆特別定額給付金の申請書の提出期限は8月31日(月)です
現在、申請が集中しており、受け付けから振り込みまで、おおむね2週間程度の時間を要しています。順次振り込み手続きを進めていますのでお待ちください。
※申請書の内容に不備があった場合、給付が遅れたり、できなかったりすることがあります。

〈6月17日時点の申請状況〉
申請受領件数:30万1,683件
申請処理件数:28万6,822件
振込完了件数:8万7,181件
※区のホームページで最新情報を公開

問合せ:足立区10万円給付金ダイヤル(毎日、午前8時30分から午後5時15分)
【電話】03-3880-6155

■1円から応援できます! 寄附金の専用口座開設
◆「コロナに負けるな!足立区の医療従事者and事業者応援寄附金」
医療従事者などを応援するための寄附が、6月17日時点で622万2,000円集まりました。ご協力ありがとうございます。PCR検査センターの設置や中小企業の支援などに活用しています。皆様の温かいご支援をお待ちしています。

□寄附金の専用口座
支店名:みずほ銀行千住支店
口座番号:(普通)3049543
口座名義:コロナに負けるな!足立区の医療従事者and事業者応援寄附金

問合せ:財政課 財政担当
【電話】03-3880-5814

■熱中症×新型コロナウイルス
◆熱中症予防にも「新しい生活様式」を
マスクを着用すると、体内に熱がこもったり、マスク内の湿度が上がり喉の渇きを感じづらくなったりします。また、外出自粛により、暑さに対する体の準備ができていない可能性もあります。熱中症になりやすい高齢者、子ども、障がいのある方は、特に注意しましょう。

◆対策ポイント
・周囲との距離を2メートル以上確保し、適宜マスクを外す
・マスクを着用しているときは、負荷のかかる運動や作業を避ける
・喉が渇く前に、水分補給をする
・換気扇や窓開放によって換気をしつつ、エアコンをうまく使用する

問合せ:衛生管理課 衛生管理係
【電話】03-3880-5891

■区内での患者の発生状況(6月17日時点)
※区のホームページで最新情報を公開

◆週単位の感染症患者数および区内総数
4月1日を基準日とし、集計は「診断日(PCR検査で陽性を確認した日)」で行う
2月26日から3月3日 1人
3月4日から3月10日 4人
3月11日から3月17日 0人
3月18日から3月24日 1人
3月25日から3月31日 15人
4月1日(基準日)から4月7日 34人
4月8日から4月14日 30人
4月15日から4月21日 31人
4月22日から4月28日 19人
4月29日から5月5日 16人
5月6日から5月12日 3人
5月13日から5月19日 2人
5月20日から5月26日 2人
5月27日から6月2日 2人
6月3日から6月9日 1人
6月10日から6月16日 0人
6月17日 0人
総数 155人

[感染症患者数の状況に関する割合※2]
回復:88.2パーセント
死亡:11.2パーセント
治療・療養中:0.6パーセント
※2 総数の状況別割合

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU