ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

家具転倒防止器具等の無料支給・取り付け

18/69

東京都青梅市

8月3日から、家具転倒防止器具等の無料支給・取り付けの申請受付を行います。
地震の際の家具類の転倒・落下防止は、自分の身を守るだけでなく、被害を免れた方が、他の方を助ける側になることも期待されます。
この機会にぜひお申し込みください。

対象世帯:市内に住所を有し、次のいずれかに該当する世帯
※当事業または高齢者、障害者を対象とした同様の事業により、すでに支給を受けたことのある世帯は除く
・立川断層が推定されるライン周辺の地域および立川断層帯地震の際に、震度6強以上が想定される地域のうち、次の対象地域に住所を有する世帯
対象地域…駒木町2・3丁目、長淵1~5・8・9丁目、友田町、千个瀬町1~3丁目、吹上、野上町、大門、塩船、谷野、木野下、今寺、畑中3丁目、和田町、富岡、小曾木1・2・4・5丁目、成木1・2丁目、東青梅、師岡町、新町、末広町、河辺町、藤橋、今井
※丁目表示のない地域は、全域が対象です。
・満65歳以上の方のみの世帯または身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかの交付を受けている方がいる世帯
※要件に該当する方が医療機関に入院または施設等に入所している場合は、対象とならないことがあります。詳しくはお問い合わせください。

支給器具等:下表の支給器具一覧から合計150ポイント以内でお選びください。
※器具等の取り付けを確実に行うため、すべての器具等の配送と取り付けを、市の委託した業者が行います。器具等の支給のみの申請はお受けできません。

備考:
(1)天井、壁、床、家具類の状況によっては取り付けができない場合があるので、十分確認し、申請してください。
(2)突っ張り棒は、家具類から天井までの高さによって器具が異なるので、高さを確認し、申請してください。高さがちょうど35cm、50cm、80cmの場合には、1つ上のサイズを指定してください。
(3)器具によっては、取り付けの際に家具や壁面等に穴を開けることがあります。
(4)賃貸住宅等にお住まいの方は、家主、住宅管理者の承諾を得て、取り付けが可能であることを確認し、申請してください。
(5)器具等の取り付けは現状のまま行います。壁、天井、床、家具類に対する補強工事等は行いません。
(6)器具等の取り付けを行うため、委託業者がご自宅に立ち入ります。

申し込み:8月3日(月)~令和3年1月29日(金)の午前9時~午後5時(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)に、申請書に必要事項を記入し直接防災課(市役所5階)へ
※郵送可(郵送の場合は押印のうえ、送付してください。)
持ち物:印鑑
その他:
・先着順で受け付け予定数量になりしだい終了します
・申請内容を審査のうえ、支給の可否を決定し、郵送により通知します
・申請書・パンフレットは、総合案内(市役所1階)、防災課、各市民センター、中央図書館で配布します。
※申請書は市ホームページ(記事ID…2048)からダウンロード可

問い合わせ:防災課、高齢者支援課、障がい者福祉課

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU