ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

秋の全国交通安全運動 世界一の交通安全都市TOKYOを目指して

8/43

東京都青梅市

市民一人ひとりが交通安全意識を高め、車両運転者だけではなく、歩行者、自転車利用者も交通ルールを守り、正しい交通マナーを身につけることが大切です。交通事故防止にご協力をお願いします。

■運動期間
9月21日(祝)~30日(水)

■交通事故死ゼロを目指す日
9月30日(水)

■重点項目
(1)子どもを始めとする歩行者の安全と自転車の安全利用の確保
・家庭、学校、職場等において、交通ルールやマナーについて、話し合う機会を設けましょう。
・子どもや高齢者の事故は夕方、道路横断中、自転車乗車中に多く発生しています。これらを踏まえて、運転しましょう。
・子どもや高齢者を見かけたら、徐行するなど「思いやりのある運転」を心掛けましょう。

(2)高齢運転者等の安全運転の励行
高齢運転者は、自己の運転能力を過信することなく安全運転を心がけ、運転に自信がなくなったり、家族から運転が心配と言われたら運転免許の自主返納を考えましょう。

(3)夕暮れ時と夜間の交通事故防止と飲酒運転等の危険運転の確保
・歩行中は、明るく目立つ服装に心がけたり、「反射材用品」を身に付けたりして外出しましょう。
・「飲んだら乗らない・乗るなら飲まない」を絶対に守りましょう。

(4)二輪車の交通事故防止
・二輪車の性能や自己の運転技量を過信することなく、カーブの手前では十分に速度を落とすなど、安全運転を心掛けましょう。
・ヘルメットを正しく被り、プロテクターを着けて体を守りましょう。

問い合わせ:
・青梅警察署【電話】22・0110
・交通安全協会【電話】23・5287
・市市民安全課市民安全係

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU