文字サイズ
自治体の皆さまへ

大田原市の財政状況(1) 令和2年度上半期財政状況(令和2年9月30日現在)

7/54

栃木県大田原市

■一般会計
◇歳入

◇歳出

◇一般会計の概況
令和2年度一般会計の上半期予算現額は前年度からの繰越事業分を含め457億6,816万円でした。これに対し、収入済額は、249億2,381万円、収入率54.5%、支出済額は、235億176万円、支出率51.3%でした。
前年同期と比較すると、収入率が9.3%の増(前年度45.2%)、支出率は7.7%の増(前年度43.6%)になっています。

■市税の状況

■特別会計
◇特別会計の概況
特別会計とは、特定の事業を行う場合や特定の収入で事業を行う場合に、経理を他の会計と区別する必要があるため、法律や条例で設置しているものです。
本市には、国民健康保険事業費、介護保険、子育て支援券、後期高齢者医療、須賀川財産区の5つの特別会計があります。

■財産

■水道事業
◇水道事業の概況
水道事業の収支は、収益的収支と資本的収支に大別できます。
収益的収支とは、事業運営を目的とした収支です。収入には水道料金、加入金、一般会計からの営業補助金などがあり、支出には水道管修繕費、人件費、借入金利子償還金などがあります。
資本的収支とは、施設整備を目的とした収支です。収入には工事のための国・県補助金や起債(借入金)、工事負担金などがあり、支出には水道管布設工事費、移設工事費や借入金の元金償還金などがあります。

■下水道事業
◇下水道事業の概況
下水道事業会計は、令和2年4月1日から、公営企業会計へ移行しました。
収益的収入には、下水道使用料、一般会計からの雨水処理負担金、営業補助金などがあり、収益的支出には、施設の維持管理費、北那須流域下水道管理事業負担金、人件費、借入金の利子償還金などがあります。
資本的収入には、工事のための国庫補助金や起債(借入金)、工事負担金などがあり、資本的支出には汚水管渠工事費、舗装復旧工事費や借入金の元金償還金などがあります。

問合せ:財政課 本庁舎(新庁舎)6階
【電話】23-8797

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU