文字サイズ
自治体の皆さまへ

大田原市の財政状況(2) 令和元年度決算の概要

8/54

栃木県大田原市

■一般会計
◆歳入

◇市税の状況

市民1人当たりの市税負担額(※):153,174円
※住民基本台帳人口 70,706人
(令和2年3月31日現在)

◆歳出

◇歳出科目別1人当たり決算額

市民1人当たりに使われた金額:456,206円

◇一般会計の概況
令和元年度一般会計の最終予算額は360億4,953万円でした。これに対し、決算額は、歳入331億2,571万円、歳出322億5,649万円で、前年度に比較すると、歳入では25億786万円、7.0%の減、歳出では22億9,699万円、6.6%の減でした。
収入済額の主な内訳は、市税108億3,029万円、地方交付税64億5,246万円、国庫支出金44億2,948万円、市債26億3,000万円などでした。
また、支出済額の主な内訳は、民生費(社会福祉・児童福祉関係経費)113億1,220万円、教育費(小・中学校、公民館、体育施設関係経費)44億1,716万円、総務費(庁舎の管理などの全般的な経費や庁舎建設に係る経費)37億222万円、公債費(借入金の返済)34億9,719万円、土木費(道路、橋、公園などの施設整備経費)28億6,461万円などでした。

■市債の借入残高

■特別会計

■財産

■水道事業
◇水道事業の概況
水道事業会計営業収支の決算額は、収入16億6,751万円、支出14億6,411万円で、前年度と比較すると収益803万円(0.4%)の増、支出5,385万円(3.5%)の減でした。
資本的収支の決算額は、収入2億8,796万円、支出10億1,412万円で、前年度と比較すると収入4,023万円(16.2%)、支出1億9,720万円(24.1%)のそれぞれ増でした。

問合せ:財政課 本庁舎(新庁舎)6階
【電話】23-8797

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU