文字サイズ
自治体の皆さまへ

大田原税務署からのお知らせ(1)

11/54

栃木県大田原市

■e-Taxについて
・国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」をご利用いただくと自宅などでパソコン・スマートフォンから確定申告書が作成できますので、eーTaxで送信または書面で印刷して送付のいずれかでご提出ください。
・「ID・パスワード方式の届出完了通知」をお持ちの方は、ご自宅などで「確定申告書等作成コーナー」で確定申告書を作成する際、IDとパスワードを入力すればe-Taxで申告することができますので、ぜひご利用ください。
※ID・パスワード方式は暫定的な対応です。お早めにマイナンバーカードの取得をお願いします。
・「確定申告書等作成コーナー」の操作や確定申告に関するご質問・ご相談は、まずは、国税庁ホームページで検索・電話でお問い合わせください。

◇確定申告などに関する問い合わせ
国税庁ホームページ「確定申告特集」をご覧ください。

◇e-Tax・作成コーナーの操作などに関する問い合わせ
(1月12日(火)~3月15日(月))
e-Tax・作成コーナーヘルプデスク【電話】0570-01-5901
受付時間:
・月曜~金曜 午前9時~午後8時(祝日を除く)
・2月21日、2月28日、3月7日、2月14日の日曜日 午前9時~午後8時

■所得税・個人消費税・贈与税の確定申告会場 開設
会場:大田原税務署別館
期間:1月25日(月)~3月15日(月)((土)(日)(祝)を除く)
時間:午前8時30分~午後4時(相談開始は午前9時から、提出は午後5時まで)

各税の申告期間は次のとおりです。
・所得税 2月16日(火)~3月15日(月)
・個人消費税 2月16日(火)~3月31日(水)
・贈与税 2月1日(月)~3月15日(月)

※新型コロナウイルス感染症対策の一環として、令和2年分の確定申告は、還付申告の方の申告相談を1月25日(月)から会場を開設しています。なお、本年は会場の混雑緩和のため、会場への入場には「入場整理券」が必要です。また、入場整理券の配布状況に応じて、後日の来場をお願いする場合があります。
※申告会場に来場される際は、マスクを着用していただき、できる限り少人数でお越しください。
※入場の際に検温を実施しています。咳・発熱などの症状がある方は入場をご遠慮いただく場合があります。
※午後4時前であっても、相談受付を終了する場合があります。

■消費税の確定申告をされる方へ
令和元年分からは、消費税確定申告書を作成するには、区分経理を行った帳簿に基づき、「課税取引金額計算表」の作成が必要となります。
なお、消費税の仕入税額控除の適用を受けるためには、区分経理に対応した帳簿や受け取った請求書などの書類を保存する必要があります。

■医療費控除を適用される方へ
医療費控除は領収書の提出が不要となり、代わりに「医療費控除の明細書」の作成・添付が必要です。
なお、税務署から「医療費控除の明細書」の記載内容の確認を求める場合がありますので、領収書は5年間保存する必要があります。

■公的年金などを受給されている方へ
公的年金などの収入金額の合計額が400万円以下であり、かつ、公的年金などに係る雑所得以外の所得金額が20万円以下であるときは、所得税の確定申告を提出する必要はありません。
なお、所得税の還付を受ける場合や確定申告書の提出が要件となっている控除(純損失や雑損失の繰越控除など)を受ける場合には、確定申告書の提出が必要です。
所得税の還付を受ける場合は、2月15日以前でも申告を受け付けていますので、早めに申告をお願いします。また、平成27年分以降は、外国の制度に基づき国外において支払われる年金など源泉徴収の対象とならない公的年金などを受給されている方は、この制度は適用されません。
※所得税の確定申告が必要ない場合であっても、住民税の申告が必要な場合があります。

■あなたのスマホが申告会場になります
詳細は、紙面掲載のQRコードを読み取ってアクセスしてください

問合せ:大田原税務署
【電話】22-3115(自動音声)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU