文字サイズ
自治体の皆さまへ

市民の安心・安全をめざし 新たな防災行政無線システムを整備しています

19/54

栃木県大田原市

「数十年に一度の大雨」といった局地的な豪雨による災害が、毎年のように日本各地で発生しています。市ではこのような気象災害などに備え、災害時に市民の生命・財産を守るためにさまざまな防災対策を行っています。今年度、災害時に市民の皆さまへ避難情報などをお伝えする新たな防災行政無線システムを整備しており、令和3年4月より運用を開始します。
新たなシステムは市内全域に屋外スピーカーを整備し、地域の方々へより細やかな情報をお伝えします。
今回の整備に伴い、黒羽地区のみで現在運用している防災行政無線については、1月下旬より停止させていただきます。ご理解、ご協力をお願いします。

■動作確認について
運用開始は令和3年4月を予定していますが、運用開始前に準備のできた屋外スピーカーから順次試験放送を実施します。試験予定については、よいちメールおよび市ホームページでお知らせします。

■市民の皆さまへ 情報をより確実にお伝えします
◇市役所→屋外スピーカー
市からの情報伝達の基幹手段として、地域の中心となる学校や自治公民館、消防団詰所などに屋外スピーカーを設置します。
・これまで黒羽地区だけだった屋外スピーカーを市内全域の82箇所に設置し、スピーカーからの音声放送により、市民の皆さまへ情報をお伝えできるようになります。
・国民保護情報(ミサイル攻撃、大規模テロなど)、気象などの特別警報、地震発生に伴う避難の情報などが屋外スピーカーから放送されます。
・地区毎に消防サイレンが放送されるようになります。火災発生時の迅速な対応に繋がります。
・毎日、12時と15時に定時放送を予定しています。

◇市役所→よいちメール
屋外スピーカーから放送した情報が、スマートフォンや携帯電話で確認できるよう、よいちメールと連携されます。
・あらかじめ登録いただいたメールアドレスに対し、市からの情報を配信しています。防災・気象情報、防犯・事故情報、ごみ情報、くらしの情報、税金に関するお知らせ、イベント・観光情報、子育て情報、健康・医療情報、教室・講座のお知らせ、市役所からのお知らせなどを確認できます。

◇市役所→電話による放送内容の聞き直しサービス
屋外スピーカーで放送した内容を聞き直す事ができる、自動電話応答サービスをはじめます。
・スピーカーから放送された内容が聞こえにくかった場合や聞き逃した場合などに、聞き直しサービス専用番号へダイヤルすることで放送した内容を確認できます。

緊急時の災害情報や行政からのお知らせを、携帯電話網を用いた多様な手段の活用により一人ひとりへ迅速かつ確実にお伝えすることで、市民の皆さまの安全・安心を目指します。

問合せ:危機管理課 本庁舎(新庁舎)3階
【電話】23-1115

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU