ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

元気予報

19/43

栃木県日光市

◆熱中症

熱中症とは、これからの季節、高温多湿になってきたときに、私たちの体がその環境に適応できず、さまざまな症状を引き起こしてくる疾患を指します。具体的な症状は、めまい、顔のほてり、筋肉のけいれん、吐き気、異常発汗、体温上昇などがあり、さらに進むと、意識障害などが起きることがあります。

熱中症はだれにも起こり得ますが、特に子どもや高齢者、屋外で働く人、厨房(ちゅうぼう)で火を使う人、スポーツをする人は注意が必要です。

熱中症の予防法は、体づくりや環境整備、予防行動が大事です。水分や塩分の摂取の励行、寝不足にならないようにするなどが体づくりです。環境整備には気温、湿度を気にすること、室内を涼しく保つ、衣服の工夫をする、日差しをよける、冷却グッズを身に着けるなどが挙げられます。
予防行動は、熱中症指数(熱中症の危険度を表す指数)をチェックする、こまめに休憩をとる、飲み物を持ち歩くなどの行動で発症予防対策をすることです。

最後に、熱中症の疑いがある人がいた場合に、どう対応をすればよいかを説明します。まずは、速やかに医療機関に相談してください。その間にできることは、涼しい場所への移動です。
屋外の場合は風通しの良い日陰に、屋内ではクーラーのよくきいたところへ移動し、安静にしましょう。

次に体の熱を逃がしてあげることです。衣服を緩め、脇や足の付け根を保冷剤や氷嚢(ひょうのう)で冷やしましょう。脇や足の付け根は、表層に近い部分を動脈が流れているので、効果的に全身を冷やすことが期待できます。
皮膚の温度の上昇が激しいときには、水やアルコールを体にかけて、うちわなどで仰ぐことも有効です。

水分の摂取は必要ですが、意識がないときや、嘔吐(おうと)しているようなときは誤嚥(ごえん)(誤って咽頭と気管に入ってしまうこと)の恐れがあるので避けてください。

以上を留意して医療機関を受診させましょう。

今市医師団幹事 岡村整形外科 岡村 保成(おかむらやすなり)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU