ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

くらしの窓

12/41

栃木県栃木市

■思わぬ着火や出火に注意︕︕
寒くなってくると、ストーブを使用し、またふんわりと暖かい素材の衣服を着る機会が多くなりますが、不注意や誤解などから、思わぬ事故が起こることがあります。

▽服に火が燃え移ってやけど!
・鍋をコンロの火にかけたところ、隣のコンロの火が服に燃え移り、溶けた繊維で指にやけどを負った
・仏壇のリンゴを取ろうとしたら、ろうそくの火が袖に燃え移り、腕にやけどを負った。

▽電気暖房器具から火事に!
・脱衣場を暖めるために電気ストーブを点けて別の部屋にいたところ、ストーブのそばにあった洗濯物に接触して発火し、周辺を焼損した。

■事故防止のために
毛羽立った素材の服の場合、「表面フラッシュ」という現象で、毛羽を伝ってぱっと火が燃え広がってしまうことがあります。火を使う際は「燃えにくい素材で作られたエプロンやアームカバーなどを使用する」「袖や裾が広がっているデザインの衣服やストールなどを身に着けない」「仏壇やコンロ等の奥の物を取る時は必ず火を消す」など、服への着火をしないよう注意が必要です。万が一衣服に火がついてしまったら、脱ぐ、たたく、水をかけるなどしてすぐ消火しましょう。
「火を使わない電気ストーブや電気こたつなら火事にはなりにくいだろう」という誤解から、間違った使用方法が原因となる火災が発生しています。暖房器具の使用の際は「洗濯物の乾燥等には使用しない」「壁や燃えやすいものから離す」「スプレー缶やライター等を近くに置かない」「就寝時や外出時、その場を離れる時は電源を切り、電源プラグを抜く」など、正しく使用しましょう。使用中、いつもと何か違う、と感じたらすぐに使用を中止し、製造メーカーや販売店に相談しましょう。

問合せ:消費生活センター(本庁舎2階)
【電話】23-8899【FAX】23-8820

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU