ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

INFORMATION(インフォメーション) お知らせ(3)

16/41

栃木県栃木市

■年末の交通安全運動実施
「マナーアップ!あなたが主役です」をスローガンに交通安全意識の高揚を図り、交通事故のない安全で住みよい社会の実現を目指すため、交通安全運動を実施します。交通マナーを遵守し、交通事故「0」を目指しましょう!

日時:12月11日(金)から31日(木)までの21日間

問合せ:交通防犯課
【電話】21-2151

■野焼きは禁止です!
自宅敷地内を含む野外での焼却行為(野焼き)は一部行為(農業や宗教上でやむをえないものなど)を除き「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で禁止されています。禁止行為でなくとも周辺環境に著しい影響がある場合はやめていただくこともあります。また、ごみとしてごみ集積所に出せるものであれば、分別して適切に出すようにお願いします。

問合せ:環境課
【電話】21-2142

■水道管の漏水調査を行います
水道メーターでの漏水音確認のため、敷地内に立ち入らせて頂きますのでご協力をお願いします。なお、調査員は市発行の身分証明書を携帯しております。

調査時期:11月下旬~1月下旬
調査箇所:
・今泉町1丁目
・今泉町2丁目
・大宮町
・平柳町2丁目
・平柳町3丁目
調査業者:栃木市公認管工事業協同組合

問合せ:水道建設課
【電話】25-2116

■水洗トイレの工事費借り入れの利子を市が負担します
市では、水洗トイレへの改造の促進のため、公共下水道や農業集落排水への接続に必要な工事費を銀行などから借りる場合、100万円までは無利子で融資が受けられる「水洗便所改造資金融資あっせん(利子補給)制度」を行っています。なお、利子補給を受けるためには条件があります。詳細は市ホームページなどで確認ください。また、工事を始める前に、必ず問合先へ連絡ください。

問合せ:下水道建設課
【電話】21-2290

■年末年始も火の用心「その火事を 防ぐあなたに 金メダル」
寒さも一段と厳しくなり、空気が乾燥しています。暖房機器が欠かせない季節となり、火災に要注意です。昨年度市内では、12月から1月にかけて8件の火災が発生しました。年末年始の火災予防のためにも、次のことに注意しましょう。
・栃木市の出火原因の第1位はたき火です。たき火は極力控え、止むを得ず行う場合は、飛び火に注意し、水を入れたバケツなどを準備するとともに、終わったら残り火がないように、完全に火を消しましょう。
・着衣着火による火災に注意しましょう!こんろやストーブ、ろうそくなどが衣服に接触し、燃え移ることを「着衣着火」といいます。特に、この時期は厚着をしていて着衣着火に気付かず、思わぬ大きな事故となる場合がありますので、注意しましょう。※詳細は市消防本部ホームページ(「広報とちぎ No.128 令和2年12月号」8ページ掲載のQRコード参照)をご覧ください。
・寝たばこ、歩行中や作業中のくわえたばこはやめましょう。火の点いたたばこの放置や、投げ捨ては絶対にしないでください。
・住宅火災の早期発見に有効な住宅用火災警報器を必ず設置し、維持管理をしましょう。

問合せ:市消防本部予防課
【電話】22-0072

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU