ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

特集 平成31年度施政方針(2)

4/42

栃木県栃木市

●第4健康で生きがいを持てるまちづくり
◇北部健康福祉センター整備事業費
市民の健康づくりと、生きがいづくりの拠点となる健康福祉センターを整備するもので、平成31年度完了に向けて、建築工事等を進めます。

◇共生社会の実現のための合理的配慮推進事業費
障害者基本法及び障害者差別解消法の趣旨を踏まえ、その実効性を高めるため、手話通訳者の設置及び普及啓発などを推進します。

◇子育て短期支援事業費
保護者の様々な理由により、児童の養育が一時的に困難となった場合などに、児童養護施設など児童の保護を適切に行うことのできる施設で養育・保護を行ってもらい、児童虐待等の未然防止を図るものです。これまでは市外の施設で対応していましたが、県内初の試みとして、市内の介護施設を改修して対応を始めるものです。

◇子育て世代応援テレワーク推進委託費
子育て世代向けのテレワーク拠点施設を整備し、子育て世代に対し、柔軟な働き方のできる環境の提案や新たなコミュニティづくりの推進を図るもので、子育て中の女性などを対象にテレワーカー育成事業等を実施し、本市におけるテレワークの普及・啓発と新たなテレワーカーの発掘・育成を行います。

◇子育て支援施設子どもの遊び場整備事業費
総合計画に掲げられた「市民ニーズに応える子育て支援環境の整備」の一つとして「子どもの遊び場」の整備を進めるものです。平成31年度は、旧下都賀病院北病棟の解体工事や基本設計・実施設計を行います。

◇産後ケア委託費
産後も安心して子育てができるように、出産を終え退院直後の母子に対する、心身のケアや育児のサポート等を引き続き行います。

●第5 健やかに人を育み学び続けられるまちづくり
◇国民体育大会関連施設整備事業費
2022年に本県で開催される第77回国民体育大会に向けて、競技施設となる総合運動公園総合体育館等の改修を行うもので、平成31年度は、主競技場床張替工事の実施設計やトイレの洋式化等の工事を進めます。

◇グローバル教育推進事業費
グローバル化が進展する社会において、その基礎となる英語によるコミュニケーション能力の向上を目指し、ALTの増員やスピーキングテストの実施など外国語教育の充実を図ります。

◇スクール・サポート・スタッフ配置事業費
多忙化が進む学校現場において「子どもたちと向き合う時間」の確保に向けた改善を図るため、教員と連携し事務処理等の業務を担うスクール・サポート・スタッフを配置するものです。

◇中学校部活動指導員等配置事業費
中学校部活動の運営について、指導内容の充実、生徒の安全の確保及び顧問の負担軽減を図るため、中学校に部活動指導員を配置します。

◇伝建地区拠点施設整備事業費
平成28年度に取得した嘉右衛門町重伝建地区内の味噌製造工場跡地について、文化財及び周辺の町並みの保存を図り、人と文化の交流を目的とした活用を目指して、観光やまちづくり、更には地区防災の拠点施設として整備するものです。平成31年度は、平成32年度一部施設のオープンを目指し、例幣使街道沿いの建築物の修理工事、屋外トイレ新築工事等を進めます。

◇(仮称)文化芸術館等整備事業費
地方都市リノベーション事業を導入し、旧市役所本庁舎跡地に、歴史・文化・芸術等の拠点として「(仮称)文化芸術館」及び「(仮称)文学館」を整備するものです。総事業費の縮減を図り、平成31年度は各施設の整備工事を進めます。

◇吹上小学校給食共同調理場整備事業費
施設や設備の老朽化が進んでいるため、新学校給食衛生管理基準に基づき改築を行うもので、平成31年度は建築工事に着手します。

●第6 いきいきと働き賑わいのあるまちづくり
◇東京オリンピック・パラリンピック事前キャンプ誘致活動事業費
東京2020オリンピック・パラリンピックの開催にあたり、栃木県との連携により、ハンガリー近代五種ナショナルチームの事前キャンプ誘致活動を行うとともに、東京オリンピック・パラリンピックの市民への意識醸成、普及啓発を図ります。

◇繁殖牛導入促進支援補助金
全国的な和牛素牛(もとうし)導入価格の高騰が続く要因となっている繁殖牛減少対策として、繁殖及び繁殖肥育一貫経営に取り組む農家に対し、繁殖牛導入資金の一部を助成し、畜産農家の経営安定化と本市の肥育牛産地としての維持発展を図ります。

◇プレミアム商品券事業補助金
栃木市商工経済団体連絡協議会が実施するプレミアム付き商品券発行事業を支援することにより、個人消費を喚起するとともに、市内事業者の売上拡大による地域経済の活性化を図ります。

◇栃木インター周辺開発事業費
栃木インターチェンジ直近という優れた立地環境を活かして新たな産業・物流拠点を整備し、本市経済の活性化や新たな雇用の創出を図るもので、平成31年度は、基本設計や地質調査を進めます。

◇平川地区開発事業費
市街化区域に隣接し、都市計画道路沿いに位置する「平川地区」において、産業系の土地利用を図るため、土地区画整理事業を導入し、適切な整備・開発を行うもので、平成31年度は、基本設計や地質調査を進めます。

◇『蔵の街シナジーマルシェ』委託事業費
山車会館前広場において、農商工観光等の産業従事者が連携し、商品開発及びテストマーケティング等を行い、市内の産業の活性化や蔵の街大通りの賑わい創出を図るシナジーマルシェを実施します。

●第7 共に考え共に築き上げるまちづくり
◇市民憲章制定事業費
2020年開催予定の市制施行10周年記念式典に合せて、市民の皆さまのまちづくりへの参加意欲を喚起し、市民主体の住みよいまちづくりを推進するため、まちづくりをする上での市民の心構えや行動指針として、市民憲章を制定し、栃木市民としての一体感の醸成を図ります。

◇地域予算提案事業費
市内8つの地域に設置された住民代表組織である「地域会議」からの要望を市の予算に反映させるという本市独自の取り組みです。市民協働による地域の課題解決、地域資源を活かした地域の活性化のために、今後も本制度を積極的に活用していただきたいと考えております。

◇地域施設再編モデル総合支所複合化整備事業費(都賀)
公共施設適正配置計画及び総合支所複合化基本方針に基づき、都賀地域の総合支所、公民館などを集約化し、複数の公共施設の機能を備えた「複合施設」を整備します。平成31年度は、基本計画の策定及び基本設計・実施設計を進めます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階