文字サイズ
自治体の皆さまへ

大寒に祈願 疫病退散そば奉納

1/45

栃木県栃木市

1月20日、出流山満願寺の境内で大寒祭(寒晒(かんざら)しそば祭り)が開催され、とちぎ江戸料理の一つである出流そばの初打ちが行われました。
例年は多くの観覧者が訪れ、そば打ちを見守りますが、今年は新型コロナ感染症対策のため、身を清める滝行も中止し、関係者のみで規模を縮小して開催。また、例年は職人1名で行われるそば打ちは、疫病退散をより強く祈願するため、3名で行われました。
大寒にふさわしい底冷えの午前、力強い熟練の手さばきで打つ寒晒しそばには、一日も早く元の日常に戻れるよう、団結して乗り越える思いが込められました。その後、打ち終えたそばは、本堂に奉納され、護摩の祈祷を受けました。

【寒晒しそば】とは
秋に収穫した新そばの実を厳寒期に冷たい清流に浸し、寒風に晒しゆっくり乾燥させます。この手法により、そばの実に含まれている余分な灰汁や雑味を取り除くことで、上品な甘みの引き立つ香り豊かな喉ごしの良いそばになります。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU